ニュース
» 2017年01月17日 13時00分 UPDATE

オートモーティブワールド2017 開催直前情報:レーザーヘッドランプを実機で披露、ジェスチャー向けセンサー技術も提案

オン・セミコンダクターは、「オートモーティブワールド2017」内の「第9回 国際カーエレクトロニクス技術展」において、センサー技術やヘッドランプ向けソリューションを紹介する。

[齊藤由希,MONOist]

 オン・セミコンダクターは、「オートモーティブワールド2017」(2017年1月18〜20日、東京ビッグサイト)内の「第9回 国際カーエレクトロニクス技術展」において、センサー技術やヘッドランプ向けソリューションを紹介する。

 センサーはドアやルームライトの操作に向けたもので、ジェスチャーを感知するルームライトや、水に濡れても動作するドアのタッチセンサーのデモンストレーションを行う。

 ヘッドランプは、赤外線レーザーを使用した実機を展示し、採用事例も紹介する。レーザーヘッドランプは、従来の光源よりも明るく、照射距離が拡大するため遠方の視認性が向上する。また、ユニットを小型化できるため、デザインの自由度にも貢献する。

 この他にもラジエーターファン向けモーターのドライバIPMを搭載した車載機器の展示なども予定している。

第9回 国際 カーエレクトロニクス技術展(オートモーティブワールド2017内)

会期 2017年1月18日(水)〜20日(金)
時間 10:00〜18:00(20日(金)のみ17:00に終了)
会場 東京ビッグサイト
ブースNo. E37-38


>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.