ニュース
» 2017年01月19日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:HDMI規格の最新版「バージョン2.1」を発表

米HDMI Forumは、HDMI規格の最新版となる「バージョン2.1」を発表した。従来の規格と後方互換性を持ちながら、48Gケーブルによってより高い動画解像度を提供。ダイナミックHDR、eARC、ゲームモードVRRなどの機能が充実した。

[MONOist]

 米HDMI Forumは2017年1月4日(現地時間)、HDMI規格の最新版となる「バージョン2.1」を発表した。従来の規格と後方互換性を持ちながら、48Gケーブルによって拡大された帯域幅をサポートし、より高い動画解像度を提供。ダイナミックHDR、eARC、ゲームモードVRRなどの機能が充実した。新規格は4〜6月ごろ正式なリリースを予定している。

 バージョン2.1は、8K/60Hz、4K/120Hzに対応。動画解像度は、より高度な解析度とより速いリフレッシュレートのレンジをサポートする。48Gケーブルは、HDRの8K動画などの非圧縮HDMI 2.1機能をサポートし、帯域幅48Gbpsまで対応。既存のHDMI規格との後方互換性を持ち、既存のHDMIコネクタタイプA/C/Dが使用できる。

 ダイナミックHDRは、動画のシーンごと、フレームごとの明るさ、コントラスト、幅広い色域などが最適な度合いで表示される。

 eARCはオブジェクトベースオーディオなどの最新のオーディオフォーマットをサポートし、デバイス自動認識などのオーディオ信号コントロール機能を実現する。

 ゲームモードVRRの可変リフレッシュレートは、レンダリングされたイメージを3Dグラフィックプロセッサが即座に表示するため、より滑らかで解像度の高いゲームがプレーできる。

photo 最大48Gbps帯域幅まで対応
photo シミュレートされたダイナミックHDR画像

関連キーワード

HDMI | 解像度 | 組み込み開発ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.