ニュース
» 2017年01月20日 07時00分 UPDATE

ウェアラブルEXPO:犬猫の気持ちが分かるペット用ウェアラブルセンサー、位置情報も取れる

Anicallは、「第3回 ウェアラブルEXPO」において、ペットの心の動きを検知するとともに位置情報なども得られる「しらせるアム」などのペット用ウェアラブルセンサーを展示した。

[朴尚洙,MONOist]

 Anicallは、「第3回 ウェアラブルEXPO」(2017年1月18〜20日、東京ビッグサイト)において、ペットの心の動きを検知するとともに位置情報なども得られる「しらせるアム」など。ペット用のウェアラブルセンサーを展示した。

「しらせるアム」を首に装着した猫 「しらせるアム」を首に装着した猫。「ルンルン」と「リラックス」が高めだニャー(クリックで拡大)

 しらせるアムは、地磁気センサーと加速度センサー、Bluetooth Low Energyの通信機能を組み込んだモジュールで、ペットの首などに巻いて使用する。地磁気センサーでペットの姿勢、加速度センサーでペットの動きを検知し、それらのセンサー情報から分析したペットの心の動きをスマートフォンアプリの画面に表示する。またBeacon端末として機能も有しており、ペットが自宅外を移動しているときの位置情報取得にも利用できる。電池の持続時間は約2週間だ。

犬の首に「しらせるアム」を装着した状態「しらせるアム」のモジュール 犬の首に「しらせるアム」を装着した状態(左)。赤色のバンドの中に入っている。「しらせるアム」のモジュール(右)(クリックで拡大)

 ベータ版による評価作業も進めており早々に開発を完了させたい考え。「2016年内を開発目標時期としていたが少し遅れている」(同社の説明員)という

 また開発中の製品として「Anicallバイタルスーツ」も披露した。Anicallバイタルスーツは、心拍センサー、GPS、通信端末をジャケット型ウェアラブルセンサーで、ストレス/リラックス解析、疲労検出、訓練反応確認などのデータをクラウドデータベースに自動収集できる。この他、牧場の牛に装着する「Cowcall」、競走馬に装着する「Horsecall」なども紹介していた。

「Anicallバイタルスーツ」を装着した犬 「Anicallバイタルスーツ」を装着した犬。お腹に巻かれているオレンジのバンドが心拍センサー(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.