ニュース
» 2017年01月23日 12時00分 UPDATE

ジュネーブモーターショー 2017:スバル新型「XV」、ジュネーブモーターショーで世界初公開

富士重工業は2017年1月23日、「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において、SUV「XV」の新モデルを世界初公開すると発表した。また、同年3月9日から日本国内での先行予約を受け付ける。

[齊藤由希,MONOist]

 富士重工業は2017年1月23日、「第87回ジュネーブ国際モーターショー」(プレスデー:3月7〜8日、一般公開日:3月9〜19日)において、SUV「XV」の新モデルを世界初公開すると発表した。また、同年3月9日から日本国内での先行予約を受け付ける。

「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において初公開するSUV「XV」の新モデル 「第87回ジュネーブ国際モーターショー」において初公開するSUV「XV」の新モデル(クリックして拡大) 出典:富士重工業

 新型XVのデザインの方向性を示したコンセプトモデルは、2016年のジュネーブ国際モーターショーで披露されている。スバルの次世代デザインフィロソフィー「DYNAMIC X SOLID」をコンパクトクロスオーバーとして表現した。「凝縮されたボディサイズの中で、ダイナミックかつソリッドなスバルらしいデザイン要素とクロスオーバーならではの力強い造形を大胆に表現しつつ、クラスを超えた質感を融合させた」(同社)としている。

2016年のジュネーブ国際モーターショーで新型XVのデザインを示すコンセプトモデルを披露(クリックして拡大) 出典:富士重工業
2016年に披露したXVのコンセプトモデル(クリックして拡大)富士重工業

 新型XVは、2016年秋に発売した「インプレッサ」の現行モデルと同様に、新プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」を採用する。このプラットフォームを採用するのは、2020年を最終年度とする中期経営ビジョン「際立とう2020」で掲げたブランド力向上の一環となる取り組みだ。

スバル グローバル プラットフォームを新型XVでも採用する(クリックして拡大)

 スバル グローバル プラットフォームは“動的質感”と安全性能を向上して「スバル史上最高レベルの総合性能進化」(富士重工業)を実現している。より効率的な衝突エネルギーの吸収を可能にするフレーム構造とし高張力鋼板の採用拡大を進めることで、衝突エネルギー吸収率を現行モデル比で1.4倍に向上した。低重心化も図っており、車体の剛性向上や足回りの進化との相乗効果で、旋回して危険を回避する場合にも安定して走行。高性能なスポーツモデルと同等の危険回避性能を実現する。

 スバル グローバル プラットフォームは2025年までに全てのモデルで採用する計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.