ニュース
» 2017年01月24日 12時00分 UPDATE

製造マネジメント メルマガ 編集後記:トランプ政権による“米国内生産回帰”で何が起こるのか

日本の製造業にとってリスクでもあり、チャンスでもあります。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年1月24日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


トランプ政権による“米国内生産回帰”で何が起こるのか

就任演説に臨む米国新大統領のドナルド・トランプ氏 就任演説に臨む米国新大統領のドナルド・トランプ氏 出典:White Houseの就任演説映像より

 2017年1月20日(現地時間)、米国の新大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。TPPからの撤退明言など「米国ファースト」を中心とするトランプ色の濃い就任演説となりました。

 大統領就任前からこの「米国ファースト」を訴えてきたトランプ氏に対して、新年に入ってから大手企業による米国内での生産投資の発表が相次ぎました。フォード(Ford Motor)がメキシコ工場の建設を中止し、トヨタ自動車は今後5年間で米国で100億米ドルの投資を行うことを発表しました。GM(General Motors)も米国工場に10億米ドルを、Fiat Chrysler Automobile(FCA)も米国工場に10億米ドルを投資する方針を明らかにしています(関連記事:トランプ政権誕生で製造業が考えるべきポイントは「米国生産」)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.