ニュース
» 2017年01月25日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:製造業などの現場安全管理ソリューションの機能を強化、SaaSで提供

富士通は、建設業や製造業などの現場の安全労務管理を支援する「安全管理支援ソリューション」の機能を強化し、2016年2月上旬にSaaSで提供すると発表した。作業者への休憩指示や事故発生時の対処など適切な管理ができる。

[MONOist]

 富士通は2017年1月12日、同社の「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」の1つである「安全管理支援ソリューション」を機能強化し、同年2月上旬にSaaS(Software as a Service)で提供開始すると発表した。価格は個別見積による。同ソリューションの導入検討用として、必要な機材や環境をレンタルで提供して運用イメージを確認できる、トライアルパックも用意した。

 同ソリューションは、建設業や製造業などの現場において、作業者の状態や位置情報を遠隔で把握し、熱中症の発生などを防ぎ、職場の安全確保を支援するもの。作業者に装着したセンサーデバイスにより、温湿度やパルス数を感知・分析して、一人一人の熱ストレスレベルや身体負荷レベルを推定する。事前に設定した条件に該当する場合は、管理者へアラームで通知する。これによって作業者への休憩指示や事故発生時の対処など、各作業者に合わせた状態の管理ができる。加速度や気圧をセンシングし、転倒・転落を検知することも可能だ。

 今回、SaaSとしてインターネット経由での提供を開始することで、運用に必要なアプリケーションなどを顧客側に合わせてシステム開発することが不要となり、導入が容易になった。

 機能面の強化では、作業者状況把握機能が強化されている。作業者ごとのアラーム通知だけでなく、アラーム発生時の位置、対応状況の確認などを現場ごとに把握することが可能で、状況に応じた適切な対処ができる。

 また、作業グループや作業者数の増減、アラーム発生条件の変更など、設定を管理する機能が追加され、現場の状況に応じた管理体制が構築できる。アラーム発生状況や対応状況、作業現場の環境情報などのデータを項目ごとにCSVデータで出力する機能も追加した。

photo 「安全管理支援ソリューション」のイメージ
photo 作業者状況把握画面のイメージ

関連キーワード

SaaS | 富士通 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.