ニュース
» 2017年01月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:保全業務をサポートする設備保全管理ソフトウェア

富士通は、設備保全管理ソフトウェア「PLANTIA」を発売した。現場のあらゆる機器の保全業務を包括的に管理できるソリューションで、保全履歴や機器の情報を生かして保全業務をより効率化できるように支援する。

[MONOist]

 富士通は2017年1月11日、設備保全管理ソフトウェア「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA」(PLANTIA)を発売した。価格は、5ライセンスで250万円から(税別)となる。

 PLANTIAは、現場におけるあらゆる機器の保全業務を包括的に管理できるソリューション。機器台帳管理/保全周期管理/保全計画管理/保全履歴管理/修理案件管理/在庫管理/日常点検管理の7つで構成される。

 画面設計は保全作業員の使いやすさに配慮したインタフェースを採用し、設備の稼働場所、機器の種類、詳細仕様などの情報を直観的に把握できる。スマートデバイスに対応することで、現場でのデータ入力や閲覧も可能だ。

 保全計画の立案や見直しにも向く。保全に関する膨大な履歴情報から、過去の修理実績や保全周期などを参考に、今後の実施計画の検討やコスト管理ができる。

 また、現場の写真や図面、仕様書などを機器にひも付けてデータベースへ登録できる。過去に実施した、あるいは個人が管理していた点検データの一括登録も可能だ。日々の点検データをグラフにして状況を把握し、警告表示で精密点検を促すなどの機能も備えた。

 PLANTIAを開発したのは、2016年3月に同社グループに加わった富士通エンジニアリングテクノロジーズ。同ソフトには、35年余にわたる導入・運用実績と保全現場の多様なニーズやノウハウが盛り込まれている。

photo 機器台帳管理画面
photo 日常点検のグラフデータ画面

関連キーワード

運用管理 | 富士通 | FA | FAニュース | 予防保全


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.