ニュース
» 2017年01月31日 06時00分 UPDATE

人工知能ニュース:ボッシュがAI研究に360億円投じる、独米印の開発拠点が2017年に稼働

Robert Boschは、2017年からAIセンターを稼働させる。2021年までに3億ユーロ(約366億円)を投資する。インド バンガロール、米国 パロアルト、ドイツ レニンゲンに拠点を置く。従業員数は各拠点を合計して100人を予定しているが、今後数年で数倍以上に増やす。

[齊藤由希,MONOist]

 Robert Bosch(ロバート・ボッシュ)は、2017年からAIセンター(BCAI:Bosch Center for Artificial Intelligence)を稼働させると発表した。2021年までに3億ユーロ(約366億円)を投資する。インド バンガロール、米国 パロアルト、ドイツ レニンゲンに拠点を置く。従業員数は各拠点を合計して100人を予定しているが、今後数年で数倍以上に増やす計画だ。

 AIセンターは、人工知能(AI)分野の専門知識を強化するために設立した。研究活動を行うだけでなく、同社の全部門でAIを実用化するシステムに育成する。製品に組み込むだけでなく、コネクテッド・マニュファクチャリング(ネットワーク化された製造)の改良にも応用する。

 Robert Bosch CEOのフォルクマル・デナー氏は「今後10年で、AI抜きで作られるボッシュ製品はほとんどなくなる。製品自体がAIを内蔵するか、少なくともその開発と製造過程でAIが重要な役割を担う。5年以内にAIを備えた製品がボッシュの売上高の10%を占めるだろう」と述べている。

スマートキッチン向けのアシスタント「Mykie」 スマートキッチン向けのアシスタント「Mykie」(クリックして拡大) 出典:Robert Bosch

 Robert BoschはAIを活用して、モノを「インテリジェントなアシスタント」に替えようとしている。米国の市場調査会社Tracticaの予測では、AIによるアシスタントを利用する人が2021年までに3.5倍以上に増加するという。

 これに向けて、Robert Boschは家庭用ロボットの「Kuri」、スマートキッチン向けのアシスタント「Mykie」を「CES 2017」(2017年1月5〜8日、米国ネバダ州ラスベガス)で披露した。

 Kuriは2017年末に米国で市販予定。子どもを模した高さ50cmほどの本体に、スピーカー、マイク、カメラ、センサーを内蔵している。家族の一員となることを目指し、人間とのコミュニケーション能力を持たせる、パーソナル化を重視して設計した。ベッドに入った子どもにおとぎ話を読み聞かせたり、子供たちが学校から帰ってくると両親にそれを報告したりする。

 Mykieは冷蔵庫の中身を把握して買い物リストを作成したり、調理を助けたりするという。

家庭用ロボットの「Kuri」は2017年末にも市場投入の予定 家庭用ロボットの「Kuri」は2017年末にも市場投入の予定(クリックして拡大) 出典:Robert Bosch

 また、AIによってクルマがインテリジェントなアシスタントとして実現可能なことを示すコンセプトカーもCES 2017で紹介した。さまざまな生活シーンがシームレスに接続され、クルマは異なるドメイン間の通信において中心的な役割を担うと位置付けている。また、超音波センサーを使ってジェスチャー操作に対して触覚フィードバックを行う新技術も搭載している。

 Robert Boschでは、2017年末までに車両とスマートホームを結ぶ通信の基礎技術の確立を目指す。

クルマはさまざまな生活シーンをシームレスにつなぐための中心的役割に クルマはさまざまな生活シーンをシームレスにつなぐための中心的役割に(クリックして拡大) 出典:Robert Bosch

関連キーワード

ボッシュ | 自動車 | 家庭 | ロボット | 人工知能


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.