ニュース
» 2017年02月03日 13時00分 UPDATE

FAニュース:対象物に触れずに測定できるレーザー変位センサーを発売

オプテックス・エフエーは、高精度に測定するレーザー変位センサー「FASTUS CDX」シリーズを発売する。三角測量方式の拡散反射型変位センサーで、対象物に触れることなく高い精度で測定できる。

[MONOist]

 オプテックス・エフエーは2017年1月16日、レーザー変位センサー「FASTUS CDX」シリーズを同年2月下旬より発売すると発表した。三角測量方式の拡散反射型変位センサーで、対象物に触れることなく高い精度で測定できる。ミドルレンジタイプとロングレンジタイプがあり、価格はいずれも35万円(税別)。国内で年間2000台の販売を目指す。

 FASTUS CDXシリーズは、今回新たに開発したイメージセンサー「ATMOS」に加え、専用に設計した受光レンズ、高い剛性を備えたベースユニット構造などを採用。リニアリティ(直線性)は、従来機の2.7倍以上となる±0.018%F.S.を達成した。

 Ethernetを内蔵し、コントローラーを使わずにネットワークに接続できる。また、Webサーバを内部に搭載したことで、PCのWebブラウザ上で測定値や設定内容の閲覧・制御が可能になった。専用ソフトウェアやコントローラーが必要がなく、コストや設置スペースの削減に貢献する。

 ラインアップは2種で、測定距離85±20mmで分解能0.1μmのミドルレンジタイプと、測定距離150±40mmで分解能が0.2μmのロングレンジタイプがある。今後、ショートレンジタイプなど、順次拡大する予定だ。

photo レーザー変位センサー「FASTUS CDX」シリーズ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.