ニュース
» 2017年02月06日 12時00分 UPDATE

シカゴオートショー 2017:スバル「レガシィ」が北米でマイナーチェンジ、フロントフェイスを刷新

富士重工業は、「シカゴオートショー 2017」において、2018年モデルの米国向け「レガシィ(日本名レガシィ B4)」を出展すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 富士重工業は2017年2月3日、「シカゴオートショー 2017」(プレスデー:2017年2月9〜10日、一般公開日:同年2月11〜20日)において、2018年モデルの米国向け「レガシィ(日本名レガシィ B4)」を出展すると発表した。

外観内装 レガシィの新モデルの外観(左)と内装(右)(クリックして拡大) 出典:富士重工業

 走行性能についてはサスペンション設定の最適化などにより、操縦安定性と乗り心地をさらに向上。エンジンやCVTは特性を変更し、メリハリのある加速感を実現した。電動パワーステアリングは制御を最適化し、より自然で滑らかな操舵感とした。ブレーキ特性は、剛性感の高いしっかりとしたブレーキフィールに見直している。

 安全面では、ステアリング操作に合わせてヘッドランプの光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドランプを採用した。カーブや交差点で進行方向を照射するため、夜間の視認性向上に貢献する。また、後側方から接近する車両を知らせるシステムは、ランプを大きく光るように変更した。

 エクステリアは、スバルらしさを従来以上に強調した新造形のヘッドランプとフロントグリル、抑揚のあるフロントバンパーの採用によりフロントフェイスを刷新した。水平基調を際立たせた精悍なデザインとした。

 インテリアは、大型センターパネルを採用。ハイグロスブラックとシルバーフレームのパーツを随所に採用して質感を向上している。また、インストゥルメントパネルとドアトリムにリアルステッチを採用し、仕立てのよい上品なイメージを演出した。

 外形寸法は現行モデルとほぼ同等で、ホイールベースは2750mmとなる。エンジンは排気量2.5l(リットル)の水平対向4気筒もしくは排気量3.6lの水平対向6気筒の2種類。トランスミッションはCVT(無段変速機)の「リニアトロニック」のみ。

2014年に発表した米国仕様のレガシィの外観(クリックして拡大) 出典:富士重工業

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.