ニュース
» 2017年02月06日 08時00分 UPDATE

組み込み採用事例:イメージングおよびビジョン・プラットフォームのライセンス供与

米CEVAは、米ON Semiconductorの自動車先進運転支援システム製品ライン向けに、イメージングおよびビジョン・プラットフォームのライセンスを供与した。ON Semiconductorは、視覚処理IPを活用して先進運転支援システム製品を強化する。

[MONOist]

 米CEVAは2017年1月4日(現地時間)、米ON Semiconductorの自動車先進運転支援システム(ADAS)製品ライン向けに、イメージングおよびビジョン・プラットフォームのライセンスを供与したと発表した。ON SemiconductorはCEVAの視覚処理IPを活用して新しい画像処理能力でADAS製品を強化するとともに、組み込みインテリジェンスと機械学習をADASロードマップに取り入れる。

 CEVAのイメージングおよびビジョン・プラットフォームは、画像解析、拡張現実、ADASといった高度なコンピュータ・ビジョンと、深層学習のアプリケーションに求められる高い計算能力を備えている。これらを活用することで、システム全体の消費電力の削減が可能になるという。

 また、DSPプロセッサのXM DSPの機能を活用してソフトウェア実装を効率化するApplication Development Kit(ADK)も提供する。ADKには、ソフトウェア・レベルでホスト・プロセッサとシームレスに統合するCEVA-Link、ソフトウェア・アルゴリズム、CEVA Deep Neural Network、最新鋭の開発ツール、デバッグ・ツールなどが含まれる。これにより先進運転支援システムの開発者は、ISO 26262に準拠したCEVAビジョン・プロセッサ向けの安全設計パッケージを利用できる。

 計算集約型のイメージングと機械学習には、低光度での処理の改善、アクティブ・セーフティ・システムの正確性と性能を支えるより強力なディープ・ニューラル・ネットワークの実行能力など、効率的な視覚処理が求められる。ON Semiconductorは、こうした動向からADAS製品を強化するため、CEVAのイメージングとビジョン・プラットフォームを選択した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.