ニュース
» 2017年02月10日 15時00分 UPDATE

医療技術ニュース:ケラチノサイト内のメラニン色素を3次元的に可視化するツールを開発

東北大学は、ケラチノサイト内のメラニン色素を3次元的に可視化できるツール「M-INK(エムインク)」を開発した。メラノサイトからケラチノサイトに向けて、メラニン色素を受け渡す仕組みの解明が期待される。

[MONOist]

 東北大学は2017年1月19日、ケラチノサイト内のメラニン色素を3次元的に可視化するツール「M-INK(エムインク)」を開発したと発表した。メラノサイトからケラチノサイトに向けて、メラニン色素を受け渡す仕組みの解明につながることが期待される。

 メラノサイト内部で形成されたメラノソームは、隣接する皮膚をつくるケラチノサイトに受け渡されて沈着することで、肌の暗色化(日焼け)を引き起こす。ここ10年ほどの研究で、メラノサイト内部でメラノソームを輸送する仕組みが解明されたが、ケラチノサイトに輸送されたメラノソームのみを効率よく顕微鏡で観察することはできていなかった。

 東北大学大学院生命科学研究科の石田森衛博士、福田光則教授らのグループは、メラノソームを輸送する新規分子の探索過程で、ケラチノサイトのメラノソームも可視化できる分子を偶然発見し、M-INKの開発に成功した。同成果は2017年1月17日、日本生化学会の国際英文誌「The Journal of Biochemistry」の電子版に掲載された。

photo メラノサイトからケラチノサイトへのメラノソームの輸送の概要

関連キーワード

東北大学 | 3D | 医療技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.