ニュース
» 2017年02月13日 10時00分 UPDATE

CADニュース:クラウドとオンプレミスの利点を生かすファイルサーバ環境を構築

SCSKは、「Panzuraクラウドストレージゲートウェイ」最新版6.3から、IBMの「IBM Cloud Object Storage」との接続に対応したと発表した。複数の拠点から同じファイルシステムにアクセス可能なグローバルファイルシステムを構築できる。

[MONOist]

 SCSKは2017年1月24日、「Panzuraクラウドストレージゲートウェイ」最新版6.3から、IBMのクラウドストレージ「IBM Cloud Object Storage」との接続に対応したと発表した。

 Panzuraクラウドストレージゲートウェイは、クラウドストレージをファイルサーバとして利用するための製品だ。同製品を企業サイトに設置し、インターネット/WAN経由でクラウドストレージに接続すると、ファイルサーバとして動作し、データは全てクラウドストレージに保存される。

 同製品を複数の拠点に導入し、1つのクラウドストレージに接続することで、全拠点からアクセス可能なグローバルファイルシステムを構築できる。従来は拠点ごとにファイルサーバを導入するため、データ分散によるリスクやコスト負担などの問題があったが、同製品によって世界中に分散したファイルサーバを統合し、安全なファイル共有が可能になる。

 他に、ローカルキャッシュと重複排除機能を搭載した。クライアント端末との高速なファイルのやりとりに加え、同製品とIBM Cloud Object Storage間の通信量を減らすことで、従来のオンプレミス型ファイルサーバと同等の性能を発揮する。また、ストレージ容量も削減できる。

 今回の最新版では、Panzuraクラウドストレージゲートウェイが「IBM Cloud Object Storage Public Service」「IBM Cloud Object Storage」の両タイプとの接続を正式にサポートする。これにより、官公庁や金融機関、製造業など、パブリッククラウドの利用が難しいユーザーもオンプレミス環境でグローバルファイル共有システムが利用できるようになる。さらに、クラウド/オンプレミス双方のメリットを備えたハイブリッド・ファイルサーバ環境を構築可能になるとしている。

photo

関連キーワード

クラウド | ストレージ | IBM Cloud


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.