ニュース
» 2017年02月15日 07時00分 UPDATE

エコカー技術:約19年で累計世界販売台数が1000万台突破、トヨタのハイブリッド車

トヨタ自動車は、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が同年1月末までに1000万台を突破したと発表した。90以上の国と地域で、ハイブリッド車33モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを販売している。900万台を達成したのは2016年4月末で、約9カ月で100万台を積み増した。

[齊藤由希,MONOist]
車種を増やし続けてきたトヨタ自動車のハイブリッドモデル 車種を増やし続けてきたトヨタ自動車のハイブリッドモデル(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 トヨタ自動車は2017年2月14日、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が同年1月末までに1000万台を突破したと発表した。90以上の国と地域で、ハイブリッド車33モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを販売している。900万台を達成したのは2016年4月末で、約9カ月で100万台を積み増した。

 同社は「エコカーは普及してこそ環境への貢献」と考え、ハイブリッド車の普及に取り組んでいる。これまでに販売したハイブリッド車によって、CO2排出抑制効果(市場走行台数×走行距離×各国での実燃費×CO2換算係数)は約7700万トン、ガソリンの消費抑制量は2900万kl(リットル)に上ると試算している。

 トヨタ自動車は1997年8月に日本で「コースター ハイブリッドEV」を発売し、同年12月に「世界初の量産ハイブリッド乗用車」(トヨタ自動車)の初代「プリウス」を発表した。「トヨタハイブリッドシステム(THS)」は、2003年に「THS II」に進化しており、2015年12月に発売した現行プリウスは、トヨタ自動車のもっといいクルマ作り「TNGA(Toyota New Global Architecture)」のプラットフォームを採用して低重心化を図った。さらに、2017年発売の「カムリ」の新モデルには、TNGAによって一新したTHS IIを搭載している。

1997年以降にトヨタ自動車が販売したハイブリッド車の台数の推移 1997年以降にトヨタ自動車が販売したハイブリッド車の台数の推移(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

 グラフを見ると、2016年に欧州での累計販売台数が北米を上回っている。欧州は右肩上がりに販売台数を伸ばしてきているが、北米では2013年をピークに減少傾向が続いている。

 初代プリウスの開発責任者である同社 取締役会長の内山田竹志氏は「初代プリウスの発売当時、ハイブリッドという言葉は世間に全くなじみもなく、乗っている人はオタクだといわれた。しかし、未知のクルマに期待を寄せて乗っていただいた多くのお客さまに支えられて『普通のクルマ』になるまで普及することができた。今後も環境問題の解決に貢献できるように挑戦を続けていきたい」とコメントしている。

1995年発表のプリウスコンセプト(左)。1997年発売の初代プリウス(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車
歴代のプリウス。2代目(左)、3代目(中央)、4代目となる現行モデル(右)(クリックして拡大) 出典:トヨタ自動車

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.