ニュース
» 2017年02月15日 11時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:「追従走行カートロボ」は「WHILL NEXT」と同じレーザーレーダーを5個搭載

パナソニックは、「Wonder Japan Solutions」において、空港などでの荷物運びに利用できる「追従走行カートロボ」のデモを披露した。現時点では開発コンセプトの段階で、顧客やパートナーからの意見を反映し、早ければ2018年にも実証試験を実施したい考え。

[朴尚洙,MONOist]

 パナソニックは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年以降の社会インフラ構築に向けた開発中の技術やソリューションを提案する内覧会「Wonder Japan Solutions」(同年2月14〜17日、パナソニックセンター東京)において、空港などでの荷物運びに利用できる「追従走行カートロボ」のデモを披露した。現時点では開発コンセプトの段階で、顧客やパートナーからの意見を反映し、早ければ2018年にも実証試験を実施したい考え。

「追従走行カートロボ」をスーツケース用カートと組み合わせた状態 「追従走行カートロボ」をスーツケース用カートと組み合わせた状態(クリックで拡大)

 同内覧会では、東京オリンピック・パラリンピックに向けて増加するインバウンド需要に対応すべく、さまざまな空港向けソリューションを披露。その中で、障害者や高齢者など移動に支障のある旅客(PRM:Passengers with Reduced Mobility)向けの移動手段として、WHILLの車いす型移動支援ロボット「WHILL NEXT」を展示した。

 WHILL NEXTはWHILLとパナソニックが共同開発した衝突防止用のレーザーレーダーを2個搭載している。デモでは、WHILL NEXTに乗車したユーザーが空港内の目的地に向かう際に、追従走行カートロボがWHILL NEXTに追従して荷物もいっしょに運ぶという内容になっていた。

スマートフォンで呼び出し追従走行カートロボの買い物用カートに荷物を置く 「WHILL NEXT」と「追従走行カートロボ」のデモ。まずはスマートフォンで呼び出し(左)、追従走行カートロボの買い物用カートに荷物を置く(右)(クリックで拡大)
「WHILL NEXT」に乗って移動開始「追従走行カートロボ」が追いかける そして「WHILL NEXT」に乗って移動開始(左)。青色に光っている部分が衝突防止用のレーザーレーダー。WHILL NEXTに追従するWHILL NEXTを、さらに「追従走行カートロボ」が追いかける(右)(クリックで拡大)
デモステージを一周目的地に着いたら「WHILL NEXT」から降車 デモステージを一周=目的地に着いたら「WHILL NEXT」から降車(クリックで拡大)

 追従走行カートロボは、周囲360度をセンシングできるように、WHILL NEXTと同じ技術を用いたレーザーレーダーを5個搭載した。追従対象の認識、空港内における自身の位置認識も全てレーザーレーダーで行っている。実証実験に向けて、今後は追加のセンサーが必要かなどの検討も進めていく。

 なお、こういった荷物を運ぶ追従タイプのロボットにはZMPの「CarriRo」などがある。これらに対して追従走行カートロボは、「空港に備え付けられているスーツケース用カートや買い物用カートは、従来通り手動で使う利用客もいるだろう。追従走行カートロボであれば、それらのカートをそのまま活用する形で、PRM向けの取り組みを進められる」(パナソニックの説明員)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>