ニュース
» 2017年02月20日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:リハビリセンターでウェア型生体センサーの実証実験を開始

藤田保健衛生大学は、東レ、NTT、NTTドコモとともに、ウェア型生体センサー「hitoe(ヒトエ)」を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験を開始した。

[MONOist]

 藤田保健衛生大学は2017年2月7日、東レ、日本電信電話(NTT)、NTTドコモと共同で、ウェア型生体センサー「hitoe(ヒトエ)」を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験を開始した。実験期間は同年6月30日までの予定で、3年以内の実用化を目指す。

 hitoeは、東レとNTTが開発した機能素材。非金属素材でありながら生体信号を高感度に検出できる。hitoeを体表面に密着させることで、心拍数や心電波形、R波の間隔から推定される睡眠データなどの生体情報が得られる。

 今回の実験は、藤田保健衛生大学のリハビリテーションセンターで実施する。対象を健常者30人、外来通院中の患者30人、入院中の患者30人とし、被験者の心拍や活動量、位置情報をモニタリングする。

 まず、健常者はリハビリ用hitoeウェアを着た状態で運動し、心拍数データを取得し、呼気ガス分析やSpO2(動脈血中のヘモグロビンが酸素と結合している割合)を測定する。また、歩行の速度や距離も計測する。これらの結果から、hitoeから得られたデータが運動負荷を反映できるかどうかを確認する。

 次に、リハビリ中の外来患者/入院患者にリハビリ用hitoeウェアを着てもらい、リハビリ中の心拍データ、活動データ(運動中か安静時か、立位か臥位かなどを示すデータ)をリアルタイムで取得。これにより、リハビリ中の心拍数や活動の変化、これまでのリハビリでの心拍数/活動の経過を確認する。

 さらに、リハビリ科の入院患者には、hitoeウェアを着た状態で24時間、通常の入院生活を送ってもらう。患者の活動の変化は、看護師が持つ端末からリアルタイムで確認できる。

 実験を通じて、hitoeの利用が、リハビリプログラムの立案/実行や患者の回復にどのような影響を与えるか、また、転倒リスクのある患者の危険行動の早期確認や、臥床傾向の患者への活動促進などにつながるかを検討/評価する。

 それぞれの役割としては、藤田保健衛生大学がリハビリ現場でのhitoeウェア活用とその臨床研究を、東レはリハビリ用hitoeウェアを検討する。また、NTTは同ウェアに対応したデータ収集/表示システムの検討、NTTドコモは患者のモニタリングシステムの事業化を担当する。

 東レ、NTT、NTTドコモは、hitoeの有効性を確認、検証後、リハビリテーション分野でhitoeを活用したサービスの提供を目指す。

photo リハビリテーション用hitoeウェア(イメージ)
photo 「リハビリ患者モニタリングシステム」システム構成

関連キーワード

リハビリ | 東レ | NTTドコモ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.