ニュース
» 2017年02月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:双腕スカラロボットと人型ロボットの連携で新たな使い方を提案

川崎重工業は、ソフトバンクおよびソフトバンクロボティクスと共同で、ロボットの適用範囲拡大に向けた提案を開始する。双腕スカラロボット「duAro」と人型ロボット「Pepper」を組み合わせ、人の指示で作業するロボットの使い方を提案する。

[MONOist]

 川崎重工業は2017年2月7日、ソフトバンクおよびソフトバンクロボティクスと共同で、ロボットの適用範囲拡大に向けた提案を開始することを発表した。川崎重工業の双腕スカラロボット「duAro」とソフトバンクの人型ロボット「Pepper」を組み合わせ、人とのコミュニケーションによって作業するロボットの使い方を提案する。

 今回の取り組みでは、Pepperとのコミュニケーションを通じて、人が両手で行う作業の置き換えが可能なduAroの新たな使い方を開発する。その第1弾として、2017年2月8〜9日に開催された「Pepper World 2017」で、人からPepperへ指示し、スマートフォンにduAroが液晶保護フィルムを貼るというデモンストレーションを実施した。

 同社では今後、産業用ロボットの操作に習熟した作業者がいない工場をはじめ、店舗や事務所などへの導入を進める。さらに、duAroが実施した作業状況などのデータをPepperが人に報告することで、遠隔監視や遠隔操作が可能になるとしている。

双腕スカラロボット「duAro」と人型ロボット「Pepper」 双腕スカラロボット「duAro」と人型ロボット「Pepper」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.