ニュース
» 2017年02月24日 15時00分 UPDATE

医療技術ニュース:「やる気がない」を招く意欲障害の原因となる脳内の部位を特定

慶應義塾大学は、マウスを用いた実験で意欲障害の原因となる脳内の部位を特定した。これまで治療法が全く分からなかった、脳損傷後の意欲障害の治療法を探索できるようになるという。

[MONOist]

 慶應義塾大学は2017年2月2日、「やる気がない」という症状を引き起こす意欲障害の原因となる脳内の部位を、マウスを用いた実験により特定したと発表した。

 実験によって、大脳基底核と呼ばれる脳領域にある細胞集団が障害を受けると、意欲が障害されることが分かった。この細胞集団が健康でないと、意欲を維持できないことも明らかにした。

 今後は意欲障害モデル動物を通じ、これまで治療法が全く分からなかった脳損傷後の意欲障害の治療法を探索できるようになるという。

 本研究は、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の田中謙二准教授、三村將教授、生理学教室の岡野栄之教授、北海道大学大学院医学研究科の渡辺雅彦教授、防衛医科大学校の太田宏之助教、自然科学研究機構生理学研究所の佐野裕美助教らの共同研究グループによるもの。2017年2月1日に英科学誌「Nature Communications」に掲載された。

photo
photo

関連キーワード

| 慶應義塾大学 | 医療技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.