ニュース
» 2017年02月28日 09時00分 UPDATE

製造業IoT:フォグコンピューティングの基盤となるリファレンスアーキテクチャを発表

米OpenFog Consortiumは、IoT、5GおよびAIアプリケーションに対応した、フォグコンピューティングのためのユニバーサル技術フレームワーク「OpenFog Reference Architecture」を発表した。業界標準開発の基盤を提供する。

[MONOist]

 米OpenFog Consortiumは2017年2月8日(現地時間)、IoT(モノのインターネット)、5GおよびAIアプリケーションなどのデータ集約的な要件に対応して設計された、フォグコンピューティングのためのユニバーサル技術フレームワーク「OpenFog Reference Architecture」(OpenFog RA)を発表した。フォグベースのソリューション設計のためのオープンフレームワークを定義し、業界標準開発の基盤を提供する。

 フォグコンピューティングは、クラウドから末端デバイスへの継続性を保ちながら、データ作成元に近い場所(フォグノード)でコンピューティング、ストレージなどの機能を提供する仕組み。IoTシステムでのネットワークの遅延や帯域、信頼性、セキュリティの問題に対応する技術の1つだ。

 今回のOpenFog RAは、フォグコンピューティングの業界標準につながるガイドラインとなるもの。フォグノードのシステムアーキテクチャやネットワーク、展開モデル、階層モデル、ユースケースなどについて、中級および上級管理職向けの概観を提供する。

 また、「OpenFog」と定義されるためにシステムが装備する必要があるアーキテクチャのコア技術の原則として、セキュリティ、拡張性、オープン、自主性、RAS(信頼性、可用性、およびサービス容易性)、アジリティ、階層、プログラマビリティの「8つの柱」が挙げられている。

 運輸、ヘルスケア、製造、エネルギーなどの業界で扱われるデータは膨大で、今後も増大が見込まれることから、クラウドのみのアーキテクチャや業務が課題となっている。そこで、OpenFogアーキテクチャを利用することで、フォグからモノへ、フォグからフォグへ、フォグからクラウドへといった複数層のフォグノードを搭載でき、こうした要件にも対応できるとしている。

 OpenFog RAは、OpenFog Consortiumで開発中の一連の文書の一部で、今後、定量的なテストベッド、認証、およびフォグエレメントの相互運用仕様のベースとなる公式の要件一覧など、最新の要件や現場向けの詳細などを提供していく予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.