ニュース
» 2017年03月01日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:自動車/産業機械のグローバルサプライヤーがPLMソフトを採用

米Arasは、同社のPLMソフトウェア「Aras Innovator」を、自動車/産業機械の総合サプライヤー独Schaefflerグループが採用したと発表した。

[MONOist]

 米Arasは2017年2月7日、PLMソフトウェア「Aras Innovator」を、独Schaefflerグループが採用したと発表した。Schaefflerは、自動車および産業機械の総合サプライヤー。2万ユーザーが利用する同社のエンジニアリングコックピットに、Aras Innovatorを採用する。

 Schaefflerでは、Aras Innovatorの採用により、製品エンジニアリング領域において、全社的な変更プロセスや設定の管理が可能になるソリューションを6カ月以内に構築できる。また、製品データ、エンジニアリングプロセスについて、サプライヤーチェーン全体で部門を横断して連携できるようになる。SAP、PTC Windchillといったエンタープライズシステムとの統合も可能だ。

 Schaefflerでは、同社のエンジニアリングコックピットに対する要件を満たし、製品ライフサイクルに適合したタスクを全てサポートできる、柔軟性や拡張性に優れたエンジニアリングプラットフォームを探していたという。

関連キーワード

自動車 | PLM | 製造IT導入事例


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.