特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年03月10日 09時00分 公開

リテールテック2017:アパレルで進むマスカスタマイゼーション、島精機製作所が起こす革新

島精機製作所は、「リテールテック2017」のインテルブース内に出展し、「シマトロニックデザインシステム」によるマスカスタマイゼーションの実現について紹介した。

[三島一孝,MONOist]

 ニット製造などの横編機などを展開する島精機製作所は、「リテールテック2017」(2017年3月7〜10日、東京ビッグサイト)のインテルブース内に出展し、「シマトロニックデザインシステム」によるマスカスタマイゼーションの実現について紹介した。

コンピュータ制御による全自動化を推進

photo ホールガーメント横編機で全自動生産したニットのワンピース

 島精機製作所は1962年創業の老舗の編機メーカー。自動編機を全世界のアパレルメーカーなどに展開している。同社は1980年台からコンピュータデザインおよびコンピュータ制御に注力し、独自のデザインシステム「シマトロニックデザインシステム」やコンピュータ制御編機などを開発してきた。

 リテールテック2017で出展したのは、コンピュータ制御の全自動製造が可能なホールガーメント横編機「MACH2XS」と3Dデザインシステム「SDS-ONE APEX3」の連携による、アパレル製品のオンデマンド生産のデモである。

 「MACH2XS」は、製品を1着丸ごと編み機上で生産することが可能なホールガーメント横編機である。従来は身頃や袖などのパーツを別々に編成して、裁断したり縫製したりする後工程が必要だったが、これらの作業なしで一気に完成品に近い形で編み上げることが可能である。省力化とクリックレスポンス生産が可能で、在庫の最適化が可能となる。また縫製では表現できない立体的なアパレル製品などを生産できるという特徴を持つ。

 1台でセーターの他、ドレス、ジャケット、ベスト、パンツ、ニットキャップなどさまざまなアイテムの生産が可能で、顧客の要望に合わせてサイズ違いや素材違い、色違いの製品を連続生産できるため、生産のマスカスタマイゼーション化を可能とする。

photo コンピュータ制御で自動でニットのセーターや衣服を完全自動製造できるホールガーメント横編機「MACH2XS」。3種類のニット製品を混流生産できる(クリックで拡大)

 一方、「SDS-ONE APEX3」は、一台で企画やデザインから、生産や販売までモノづくり全般をサポートするオールインワンデザインシステムである。高精細な製品シミュレーションにより実際のサンプルを編成することなく製品の比較検討が行えるため、サンプリングにかかる時間や素材、コストを大幅に削減可能である。型紙の寸法や糸の種類、デザインの数値を決めると、実際に想定したユーザーの体形に合わせて3次元モデルでのフィット感の確認などが行える。素材選定については、素材感が把握できるようにし、編み上げた際のイメージなども用意している。

photophoto (左)素材感を把握できる機能。素材1本ずつの画像とともに編み上げた際の画像なども用意しイメージを把握できるようにしている。(右)フィット感はカラーグラデーションで表示し、きつい部分と緩い部分がすぐに分かるようにシミュレーションできる(クリックで拡大)出典:島精機製作所

新たなビジネスモデルを展開

 アパレルメーカーにとっては、サンプルを製造する工程を省くことで、サンプルのコストを低減できる他、モノの物流コストやリードタイムを削減することが可能となる。

photo デジタル化による工程の変化(クリックで拡大)出典:島精機製作所

 さらに、販売インタフェースとして、「SDS-ONE APEX3」を利用することで、エンドユーザーの要望を聞きながら、製品のスタイルやサイズ、フィット感、素材、色、柄、組織などの条件を選択し、高精細なシミュレーションで画面上で製品を確認しながら、オーダーニットを生産することなども可能となる。まさに完全なマスカスタマイゼーションの実現を可能としているわけだ。

 島精機製作所 営業統括部 グローバル販売グループの弓山雅之氏は「大手メーカーや有名ブランドではサンプル生産だけで数億円規模になっているところも多い。バーチャルサンプルによりこれらを削減できるだけで数億円規模のコスト削減が可能となる。さらに、販売インタフェースとして利用すれば新たな付加価値型のビジネスモデル構築なども可能だ」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.