ニュース
» 2017年03月10日 13時00分 UPDATE

FAニュース:ビジョンセンサーやコードリーダーの開発で連携強化

三菱電機とコグネックスは、国内向けのビジョンセンサーやコードリーダーを連携して開発し、「MELSENSOR」ブランドで製品化していく計画を明らかにした。

[MONOist]

 三菱電機は2017年2月27日、コグネックスとの連携を強化してFAセンサー事業の拡大を目指す方針を発表した。国内向けにビジョンセンサーやコードリーダーを連携して開発し、「MELSENSOR」ブランドで製品化していく。

 MELSENSORブランドの第1弾として、同年4月1日に「MELSENSOR ビジョンセンサーVS20」5機種をオープン価格で発売する。VS20は三菱電機のシーケンサとの接続性が高く、画像データをシームレスに収集・管理する。コントローラーと照明を一体にしたコンパクト設計で、狭いスペースにも設置できる。

 三菱電機とコグネックスは今後、三菱電機のシーケンサ「MELSEC iQ-R」シリーズと表示器「GOT2000」シリーズの接続性を向上させ、ロボット「MELFA-F」シリーズや位置決め制御に利用するモーションコントローラーなどとの連携も強化する。

photo 「MELSENSOR ビジョンセンサーVS20」とe-F@ctory概念図

関連キーワード

三菱電機 | FA | コグネックス | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.