特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年03月14日 13時00分 UPDATE

製造業IoT:IoTの成功事例203件が公開へ、ドイツのインダストリー4.0事例とも連携

ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)は、日本のIoTにおける成功事例を地図上で共有する「IoTユースケースマップ」を公開した。製造業のIoT活用を促進する狙い。ドイツのPlattform Industrie 4.0とも連携し、国際連携なども進めていく。

[三島一孝,MONOist]

 ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)は、日本におけるIoTのユースケースを地図上にプロットして情報共有する「IoTユースケースマップ」を公開した。

photo RRIが公開したIoTユースケースマップ(クリックでWebサイトへ)出典:RRI

 「IoTユースケースマップ」は、中小製造業のIoT活用を促進するための取り組みの1つで、中小製造業の「IoTをどう活用してよいのか分からない」とした声に対応するために作成された。2016年から「β版」として約30社の事例を公開していたが、新たに募集した事例なども含めて今回「正式版」を公開した※)

※)関連記事:これぞ現場のIoT、RRIが中堅中小企業のIoT活用事例公開

 新たに公開された正式版には203のIoT活用事例が紹介。日本地図上に表示された事例を拡大していけば、自社の近隣で公開されている事例を閲覧できる。また、詳細紹介ページなども用意されており、ケース分類や企業規模、実現した内容、効果などを確認できる。

 IoTユースケースマップは日本政府やRRIで、ドイツのIT系展示会「CeBIT」などを通じて国際発信する計画。また、ドイツのインダストリー4.0の推進組織である「Plattform Industrie 4.0(プラットフォームインダストリー4.0)」ともIoTユースケースマップを相互にリンクすることを合意して公開している。

photo ドイツの”use cases Industrie 4.0”マップ(クリックでWebサイトへ)出典:RRI

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.