ニュース
» 2017年03月14日 09時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:技能検定の取り組みが評価され、タイ政府公認の技能評価システムに採用

ジェイテクトは、同社のタイ国内自動車部品生産拠点(JATH)がこれまで実施してきた社内技能競技大会の内容と実績が評価され、2017年からタイ政府公認の技能評価システムとして運用されることになったと発表した。

[MONOist]

 ジェイテクトは2017年2月23日、同社のタイ国内自動車部品生産拠点(JATH)がこれまで実施してきたスキルコンテスト(社内技能競技大会)の内容と実績が評価され、2017年からタイ政府公認の技能評価システムとしての運用が決定したと発表した。

 タイは国内の国家技能検定の整備が不十分のため、JATHでは2006年より、旋盤技能/保全技能/検査技能の研修および技能競技会を独自に実施している。自社だけでなく、競技会の参加をサプライヤーにも広げたことで、延べ2400人の参加実績を上げている。今回、その実績と内容がタイ政府に認められ、国家認定を受けることとなった。

 また、タイ労働技能開発局(DSD)と中央職業能力開発協会(JAVADA)は、日本式技能検定の普及を目的として、技能評価システムの普及を促進している。同事業において、2017年1月に実施された講習とトライアルに、JATHは講師として参画した。

 これらの活動は、同社のグループビジョン達成の柱の1つである「人づくり」の一環となる。同社では、自社のローカルスタッフ技能者育成のみならず、タイ国内の技能者のレベル向上にむけた社会貢献活動を推進していくとしている。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.