ニュース
» 2017年03月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:FIELD system対応の小型CNC内面研削盤、内径100mmまで加工可能

セイコーインスツルは、6インチスクロールチャックを搭載したCNC内面研削盤「STG-6N」を発売した。1600×1615×1320mmのコンパクト設計ながら、内径φ100mmまで加工できる。

[MONOist]

 セイコーインスツルは2017年3月1日、6インチスクロールチャックを搭載したCNC内面研削盤「STG-6N」を発売した。設備サイズと対象ワークサイズのバランスを重視して開発を行い、作業性を高めた。2018年2月28日まで無料でテスト加工を受け付けている。

 内面研削盤の多くは機械幅が2000mmを超えるが、STG-6Nは機械サイズを1600×1615×1320mmに抑えた。小型ながら6インチスクロールチャックを搭載し、内径φ100mmまでの加工に対応する。独自開発の高出力・高剛性の高周波スピンドル「SSPG-045T100」を搭載しており、環境への負荷を抑え、静音性に優れた運転ができる。

 また、シンプルな操作画面と作業者が使いやすいボタン配置、ワーク供給動作が容易な主軸レイアウトなど作業性を考慮したデザインになっている。NC(数値制御)には、ファナック製の装置を採用。ネットワーク化された設備から生み出されるビッグデータを処理、活用することでスマートな製造現場を構築するオープンプラットフォーム「FANUC Intelligent Edge Link and Drive system(FIELD system)」に対応する。

photo CNC内面研削盤「STG-6N」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

「第4次産業革命」という新たな潮流に対し、製造業はどう変革するか?

製造業や建設業の技術者に、実用段階に入ったVRの解説記事、採用事例を紹介

技術開発動向、標準化動向、5G関連最新ニュース、最新情報をお届け