ニュース
» 2017年03月16日 08時00分 UPDATE

IoTセキュリティ:IoTの安心/安全な活用に向けて共同でアライアンスを発足

NTTデータ、積水ハウス、大日本印刷、ベンチャーラボ、SELTECHは、共同で「Secure IoT Alliance(SIA)」を発足した。実効性の高いIoTセキュリティ指針を策定するなど、IoT製品を安全/安心に使える仕組みづくりを進める。

[MONOist]

 NTTデータ、積水ハウス、大日本印刷、ベンチャーラボ、SELTECHは2017年3月1日、共同で「Secure IoT Alliance(SIA)」を発足した。本格的な普及が予想されるIoT(モノのインターネット)関連製品について、異なる業界の企業が多様な視点からIoTの課題を検討し、セキュリティ問題の分析や技術開発を通じてIoT製品を安全/安心に使うための仕組みづくりを進めることを目的としている。

 SIAでは、IoTに不可欠な半導体やデバイスのメーカーのほか、住宅/家電/自動車/工場(FA)/スマートシティといった、多くの業界・企業を包括したセキュリティ対策を目指す。これらの領域で、システムなどのソフトウェア、ハードウェア、サービス、ネットワークの各レイヤーにおけるセキュリティ指針などを策定する予定だ。

 また、実効性の高いIoTセキュリティ指針を策定し、日々進化するIoT社会のセキュリティニーズに対応するため、ステアリングパートナーとスタンダードパートナーを設定した。

 ステアリングパートナーはNTTデータ、積水ハウス、大日本印刷、ベンチャーラボ、SELTECHの5社で構成され、セキュリティ対策技術に関してSIA仕様を策定するなどの活動を進めていく。

 スタンダードパートナーは現在、日本電信電話、日本ユニシス、ビックカメラ、サーコム・ジャパン、図研エルミック、ThroughTekの6社で構成。IoT機器のセキュリティ対策技術に関するSIA仕様の策定/開発/実証実験に必要なワーキングへの参加や、SIA仕様に準拠した製品の開発・製造が可能になる。

photo IoT社会の構成図

関連キーワード

IoT | セキュリティ | アライアンス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.