ニュース
» 2017年03月21日 12時00分 UPDATE

製造マネジメント メルマガ 編集後記:トヨタも日立も東芝もパナも三菱電機も川重も森精機も出るCeBIT 2017に大注目

これだけいろんな業種の日本の製造業が集まるのはかなり珍しいかも。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2017年3月21日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


トヨタも日立も東芝もパナも三菱電機も川重も森精機も出るCeBIT 2017に大注目

 このメルマガが出るころには既に始まっていますが、ドイツ・ハノーバーで開催されている「CeBIT 2017」(開催期間:2017年3月20〜24日)に大注目です。

 CeBITは「世界最大級の国際情報通信技術見本市」と呼ばれる通り、ICTを中心とした展示会です。このため、製造業の技術者を読者とするMONOistにとっては少し縁遠く、同じハノーバー開催であれば4月下旬の「ハノーバーメッセ」、ドイツで3月開催であればニュルンベルグの「Embedded World」の方がより身近な展示会でした。

 しかし今回のCeBIT 2017は、これまでと状況が異なります。まず、ドイツが提唱するインダストリー4.0や製造業のIoT(モノのインターネット)活用という第4次産業革命の観点から、ICTと製造業の融合を始まっています。そして、モノづくりを主要産業とする日本とドイツは、第4次産業革命の推進で協調しています(関連記事:インダストリー4.0で具体化した日独連携、競合を越えた「つながる」の価値)。

 その具体的なカタチを示す場として選ばれたのがCeBIT 2017です。CeBIT 2017のパートナー国となった日本は「ジャパン・パビリオン」を構えており、「Life/Office/Society」「Infrastructure/Factory」「Element」の3つのゾーンに総計118社が出展します(関連記事:ドイツの中心で「Society 5.0」を叫ぶ!? 「CeBIT 2017」に日本企業118社が出展)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.