ニュース
» 2017年03月22日 06時00分 UPDATE

燃料電池車:スズキの燃料電池スクーターがナンバープレートを取得、静岡と福岡で走る

スズキの燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」がナンバープレートを取得し、公道走行を開始する。2016年2月に国土交通省が公布、施行した燃料電池二輪車に関する保安基準に基づき、スズキはバーグマン フューエルセルの車両型式を申請。2016年8月に型式認定を受けている。

[齊藤由希,MONOist]

 スズキは2017年3月21日、燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル」がナンバープレートを取得し、公道走行を開始すると発表した。2016年2月に国土交通省が公布、施行した燃料電池二輪車に関する保安基準に基づき、スズキはバーグマン フューエルセルの車両型式を申請。2016年8月に型式認定を受けた。

 保安基準では、水素タンクが転倒時に路面と直接衝突しないこと、衝突時や追突時に他の部品と接触しないこと、一定の加速度が加わった時にガス容器が車両に固定されることを求めている。

ナンバープレートを取得したバーグマン フューエルセル(クリックして拡大) 出典:スズキ

小型軽量な空冷式で

ベース車両のバーグマン200 ベース車両のバーグマン200(クリックして拡大) 出典:スズキ

 2017年3月にバーグマン フューエルセルが18台、ナンバープレートを取得した。公道走行を開始し、燃料電池二輪車の市場性を確認する。水素の充填(じゅうてん)は、静岡県や福岡県の水素ステーションを活用するとしている。福岡県でスズキは、2011年から燃料電池二輪車の実証実験を行ってきた。関東圏での公道試験は現在調整中としている。

 バーグマン フューエルセルは、街乗り向けの「バーグマン200」をベースに小型軽量の空冷式燃料電池を搭載した。燃料は圧縮水素。水素タンクはフレーム内に配置し、これまでのスクーターと同様のスタイルとしている。車両重量は199kgで、最高出力が4.5kW/7650rpm、最大トルクが23Nm/1870rpm。ベース車両のベーグマン200は車両重量が161kg。最高出力は14kW/8000rpm、最大トルクが17Nm/6000rpmとなっている。

 後輪にインホイールモーターを採用している。燃料電池で発電した電力はモーターに使用し、加速時のアシストはリチウムイオンバッテリーに蓄えた電力を使用する。リチウムイオン電池モーターからの回生エネルギーはリチウムイオンバッテリーに充電する。水素タンクの容量は700気圧、10l(リットル)で、走行距離は時速60kmの定地走行で120kmとなる。

 燃料電池を空冷式としたのは、数kW程度の出力であれば補機類を省略できるためだ。また、部品点数が少ないため、信頼性やコスト面でも有利になるとしている。酸素はフィルターを通した空気を低圧ブロアファンで送ることで供給する。

 空冷式の燃料電池システムは、スズキと英国の燃料電池システム開発会社であるインテリジェント・エナジーの合弁会社が開発、生産する。合弁会社のSMILE FCシステムは2012年2月に設立、事業所はスズキの横浜研究室内に構えている。

スクータータイプは2009年にお披露目

燃料電池二輪車のコンセプトモデル「クロスケージ」 燃料電池二輪車のコンセプトモデル「クロスケージ」(クリックして拡大) 出典:スズキ

 スズキは2006年から燃料電池二輪車の開発に取り組んできた。2007年の東京モーターショーではコンセプトモデル「crosscage(クロスケージ)」を世界初公開した。クロスケージに搭載したのも、空冷式の燃料電池システムだった。この時からインテリジェント・エナジーの燃料電池ユニットを採用している。

 2009年の東京モーターショーには、スクータータイプの燃料電池二輪車「バーグマン フューエルセル スクーター」を出展し、より現実的で身近なモデルとして提案した。強固なフレームに水素タンクを収めて安全性を高めた。

バーグマン フューエルセル スクーターは、より現実的で身近な燃料電池二輪車に バーグマン フューエルセル スクーターは、より現実的で身近な燃料電池二輪車に(クリックして拡大) 出典:スズキ

 スズキは2010年2月からインテリジェント・エナジーと共同で、英国政府が主催する燃料電池車の実証実験に参加しており、バーグマン フューエルセル スクーターを使って実験を行っていた。

 バーグマン フューエルセル スクーターは2011年に欧州統一型式認証「WVTA(Whole Vehicle Strategy Board)」を取得した。WVTAは、取得によりEU(欧州連合)の全ての加盟国での販売が可能となる認証で、燃料電池を搭載した車両としては二輪車、四輪車含め「世界で初めて」(スズキ)認証を取得した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.