ニュース
» 2017年03月23日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:データログ機能を搭載したセンサービーコンを開発

富士通コンポーネントは、データログ機能を搭載したセンサービーコン「FWM8BLZ02A-109069」を開発した。運送貨物に取り付け、運送終了後に輸送中の貨物の状態を確認するなど、リアルタイムでのデータ受信が難しい状況で活用できる。

[MONOist]

 富士通コンポーネントは2017年3月6日、データログ機能を搭載したセンサービーコン「FWM8BLZ02A-109069」を開発したことを発表した。運送貨物に取り付け、運送終了後に輸送中の貨物の状態を確認するなど、リアルタイムでのデータ受信が難しい状況で活用できる。サンプル提供は同年5月、量産開始は7月を予定している。

 FWM8BLZ02Aシリーズは、温度センサーと3方向加速度センサーを内蔵した可搬型Bluetooth low energy対応のセンサービーコンだ。FWM8BLZ02A-109069は、このシリーズに新たにデータログ機能を追加した。

 ビーコンに内蔵した不揮発性メモリにセンサーで測定したデータを記録し、スマートフォンなどのセントラル機器からのコマンドを受けてデータを送出する。セントラル機器を常に受信状態にしておく必要がなく、必要なときにデータをまとめて受信できる。

 任意に設定した一定間隔の測定タイミングで温度・加速度データが測定され、ビーコン内に記録される。記録用メモリ容量は32KB。スマートフォン、Windows 8.1およびWindows 10搭載機器、同社無線モジュールMBH7BLZ02A搭載機器に対応する。スマートフォンアプリ開発用にはiOS、Android、Windows 8.1、Windows 10対応のサンプルコードが無償提供される。

photo センサービーコン「FWM8BLZ02A-109069」

関連キーワード

Beacon | 富士通 | 組み込み開発ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.