ニュース
» 2017年03月24日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツールに新機能を追加

イーソルトリニティは、組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」への新機能追加を発表した。最新バージョンは、「IBM Rational Test Realtime」で作成したテストケースが利用できる。

[MONOist]

 イーソルトリニティは2017年3月7日、同社が販売代理店を務める独Hitexの組み込みソフトウェア単体テスト自動化ツール「TESSY」に新機能が追加されたことを発表した。最新バージョンのTESSY V4.0.12では、コンポーネントテストとランタイム分析用のクロスプラットフォーム・ソリューション「IBM Rational Test Realtime(RTRT)」で作成したテストケースが利用可能。また、Linuxが動作するターゲットハードウェア上でテストを実行できる。

 RTRT向けのテストケースは、テキストファイル「PTUファイル」に定義される。記述されたテストケースはTESSY内部のデータベースに変換可能なため、既存のテストケースを再利用してテストツールとしてTESSYを利用することもできる。

 TESSYは、UNIX系OSが動作するターゲットシステムでテストを行う場合、Windowsのホストマシン上に対象のマイクロコントローラー用のテストアプリケーションを生成する。マイクロコントローラーがARM Cortexシリーズのコアの場合、ARM向けのLinaro GCCコンパイラが利用可能だ。

 WindowsベースのホストシステムとLinuxベースのターゲットシステム間の通信は、Windows側のgdbclientとLinux側のgdbserverが担い、gdbserverはTESSYがSecure Shellを通して起動する。gdbclientを通して、テストアプリケーションのバイナリコードをターゲットシステムに転送するとそこでテストを実行。WindowsホストとLinuxベースのターゲット間の通信はTCP/IP、または物理層にUSBを利用した仮想環境を利用する。

photo Windowsのホストマシン向けにテストアプリケーションを作成した後、Linuxベースのターゲットシステムに転送する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.