ニュース
» 2017年03月27日 08時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:IoT拡大に向け、低価格なUHF帯ICタグの開発に着手

大日本印刷は、国内外でのIoTの進展を受けて、低価格なUHF帯ICタグ(RFID)の開発に着手した。より小さく、価格の安いICチップを開発し、そのチップを搭載したRFIDの普及を促進することで、小売業界の業務効率化を支援していく。

[MONOist]

 大日本印刷は2017年3月7日、国内外でのIoT(モノのインターネット)の進展を受けて、低価格なUHF帯ICタグ(RFID)の開発に着手すると発表した。タグの単価を2020年までに5円以下、2025年に1円にすることを目指す。

 RFIDには現在、0.5mm角のICチップが搭載されているが、同社は今後、ICチップメーカーと共同で、2020年までに0.3mm角サイズのICチップを開発する。また、部材や製造方法の最適化などにより価格を抑えながら、このICチップを搭載したRFIDを製品化する。

 小売業界での人手不足が深刻化する中、経済産業省は商品パッケージにRFIDを取り付けることで、商品を個品管理し、消費・賞味期限チェック作業の効率化や、レジの自動化といった業務の省力化につなげようとしている。また、小売業界以外にも、RFIDを使用したいというニーズはあるが、10円台というRFIDの価格帯が導入の障壁となっていた。

 大日本印刷では、全店舗・全商品でRFID導入を目指すコンビニに加え、その他の小売業界などに対してもRFIDの普及を促進し、RFIDを活用した業務効率化を支援していく。

photo 商品パッケージにICタグを取り付けたイメージ

関連キーワード

IoT | 大日本印刷 | ICタグ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.