ニュース
» 2017年03月27日 13時00分 UPDATE

CeBIT 2017:サムズアップでドリンクゲット! 富士電機の最新自販機はインタラクティブ

富士電機は、「CeBIT 2017」において、デジタルサイネージを搭載する最新型自動販売機のコンセプトモデルを展示した。ステレオカメラを用いた画像認識システムで、顧客の表情や視線、体の動き、年齢、性別などを認識できる。

[朴尚洙,MONOist]

 富士電機は、国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」(2017年3月20〜24日、ドイツ・ハノーバー)において、デジタルサイネージを搭載する最新型自動販売機のコンセプトモデルを展示した。

 このデジタルサイネージ自動販売機には、ステレオカメラを用いた画像認識システムが組み込まれている。これによって、自動販売機の前にいる顧客の表情や視線、体の動き、年齢、性別などを認識できる。日本語や英語、ドイツ語をはじめとする多言語対応も実現した。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて開発が進められている。

 展示では、画像認識システムの機能を体感できるように、親指を立てるサムズアップのジェスチャーや笑顔を見せることでドリンクをもらえるデモを披露した。

富士電機の画像認識システムを搭載する自動販売機のコンセプトモデル顧客の表情や体の動きを認識してドリンクを提供する 富士電機の画像認識システムを搭載する自動販売機のコンセプトモデル(左)。ステレオカメラはサイネージ部の下側に設置されており、顧客の表情や体の動きを認識してドリンクを提供する。親指を立てるサムズアップのジェスチャーを認識して「Good!」の表示が出ると、ドリンクが提供される(右)(クリックで拡大)

 「スマートフォンとの連携機能も開発中だ。例えば、自販機で商品を購入した際に、サイネージに出てくるアイドルの映像に合わせて踊ると、アイドルと一緒に踊っている映像を後からスマートフォンで見られるという取り組み事例もある」(同社の説明員)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.