ニュース
» 2017年03月28日 15時00分 UPDATE

医療機器ニュース:認知症予防の脳トレサービス開発に日立が協力

日立ハイテクノロジーズと日立製作所は、キッズスターが提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力し、Brain Scienceマークを付与した。

[MONOist]

 日立ハイテクノロジーズと日立製作所は2017年3月13日、キッズスターが提供する高齢者向け認知症・介護予防サービス「脳エクササイズ」の開発に協力し、Brain Scienceマークを付与したと発表した。

 脳エクササイズは、画面上に表示される問題に対して全身を使ってプレイするKinect for Windowsを利用した脳トレーニング用サービス。脳トレと体操を組み合わせ、認知症などの予防とプレーヤー間のコミュニケーションを促進する目的で開発された。

 Brain Scienceマークとは、日立が運営するBrain Science審査会が検証結果と表現適正を審査して付与するもの。Brain Science審査会には、第三者の専門家も参画している。

 両社は脳エクササイズの影響を検証する目的で、60〜72歳の男性18人に、脳エクササイズとPCゲームをプレイしてもらった。プレイの前後に、文字の色と意味の一致・不一致を判断するストループ課題、ボタンを押すなどの行動を抑制させるGO/NO GO課題を課した。すると、前頭部中央右側領域において、PCゲームではプレイ前よりプレイ後の方がストループ課題中の脳血流反応の増加が小さくなったが、脳エクササイズの方では脳血流反応の増加に変化は見られず、両者には統計的有意差があることが分かったという。

 さらに脳エクササイズをプレイすることで、認知課題の回答時間が短くなることも明らかになった。短時間の運動をすると、加齢による脳機能低下を防ぐと見られる脳の代償機能が関与し、認知機能が向上することを突き止めた先行研究がある。今回の結果はその先行研究と同様の傾向を示していることから、脳エクササイズによって高齢者の認知機能向上が期待できるとしている。

関連キーワード

| 日立ハイテクノロジーズ | 認知症


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.