ニュース
» 2017年03月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:古い装置のデータも収集、生産現場のデータ収集機器

デジタルは、生産現場の装置の情報を有効活用するデータ収集機器「マルチ・データボックス」のハイエンドモデルを発売した。制御機器と接続してデータを収集し、イーサネットなどでオフィスPCへデータを配信する。

[MONOist]

 デジタルは2017年3月13日、生産現場で稼働する装置の情報を有効活用するデータ収集機器「マルチ・データボックス」のハイエンドモデルを発売した。生産現場の制御機器と接続してデータを収集し、USBやイーサネットを用いてオフィスPCへデータを配信する。

 マルチ・データボックスは、新旧装置のデータをコストや手間をかけずに活用するべく開発されたゲートウェイ端末だ。今回発売されたハイエンドモデルは、ダブルイーサネットを搭載した「SP5000」シリーズのボックスモジュールとDINレール取り付けアダプターを組み合わせた端末で、情報系と制御系のネットワークセグメント化が可能となる。Windowsアプリを活用でき、プログラムを使わずにPLC、温調計、インバータ、ロボットなどの各種機器と接続可能だ。

 また、推奨ソフトウェアと組み合わせれば、PCを使わずとも装置間のデータ共有やタブレットでのモニタリングができる。加えて、大型モニターにHMI画面を出力できるDVIインタフェースを搭載。同時に4つの異なるプロトコルが動作可能なプロトコルコンバータとして、プロトコルを統一化できる。

photo データ収集機器「マルチ・データボックス」のハイエンドモデル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.