ニュース
» 2017年03月31日 07時00分 UPDATE

FAニュース:機械設備の故障原因推定と故障予測の予兆診断サービス

日立パワーソリューションズは、機械設備の予兆診断サービスとして「故障原因推定サービス」「故障予測サービス」の2サービスを追加する。予兆診断システム「HiPAMPS」「HiPAMPS-Edge」を用いて提供するサービスとなる。

[MONOist]

 日立パワーソリューションズは2017年3月15日、機械設備の予兆診断サービスとして「故障原因推定サービス」「故障予測サービス」の2サービスを新たに追加すると発表した。予兆診断システム「HiPAMPS」「HiPAMPS-Edge」を用いて提供するサービスとなり、提供開始は同年4月からとなる。

 今回追加した故障原因推定サービスは、故障部分の特定に役立つ情報を提示してくれるサービス。登録しておいた過去の故障対策やメンテナンスの記録と、異常検出時のセンサー情報を利用。故障予兆を検知した際の状況とセンサー情報の相関関係などから、類似情報を見つけ出す。

 故障予測サービスは、過去の予兆診断データから機械設備の状態の推移をグラフ化し、稼働継続可能時間を推定する。パラメータの設定次第で、正常運転可能な時間を予測することも可能になる。

 HiPAMPSは、同社が機械設備における保守ノウハウとデータマイニング技術を融合させて開発した予兆診断システム。HiPAMPS-Edgeは、エッジコンピューティング環境での予兆診断を可能としたシステムだ。機器に取り付けたセンサー情報を監視して故障予兆を検知し、想定外の機械設備の停止を防止する。

 同社は両サービスを導入することで、故障対策の業務効率向上や計画的な故障対策の立案が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.