ニュース
» 2017年03月31日 09時00分 UPDATE

CeBIT 2017:工場の生産ラインを手軽にVR体験、B-EN-Gが「Oculus」と「Kinect」で実現

東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、「CeBIT 2017」において、工場の生産ラインを手軽にVR体験できるシステムを参考出展した。2017年秋の発売を計画している。

[朴尚洙,MONOist]

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」(2017年3月20〜24日、ドイツ・ハノーバー)において、工場の生産ラインを手軽にVR(仮想現実)で体験できるシステムを参考出展した。2017年秋の発売を計画している。

 同システムのハードウェアは、PC、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)型VRシステムの「Oculus Rift」とマイクロソフトのモーションセンサー「Kinect」で構成されている。Oculus Riftによって、3D CADなどで設計した生産ラインの状態を体験できるとともに、Kinectで検知したOculus Riftの装着者の動きをVR上の生産ラインに反映することもできる。展示デモでは、生産ラインから送り出されてくる箱を持ち上げて、ラインの横に置くという作業を体験できた。

第三者視点から見たVR空間内の「Oculus Rift」装着者と生産ラインの状態 第三者視点から見たVR空間内の「Oculus Rift」装着者と生産ラインの状態(クリックで拡大)
B-EN-Gが開発中のVR体験システムのデモB-EN-Gが開発中のVR体験システムのデモ B-EN-Gが開発中のVR体験システムのデモ。「Oculus Rift」と「Kinect」で、VR空間の生産ラインをインタラクティブに体験できる。生産ラインから送り出されてくる箱を持ち上げて(左)、ラインの横に置いている(右)(クリックで拡大)

 Kinectで検知した人の動きを3Dデータに反映する技術は、既にB-EN-Gが販売している「mcframe MOTION」というソフトウェアを基にしている。使用できる3Dデータの形式は、現在はSTLのみとなっているが、正式発売までに軽量ビュワーで広く知られるラティス・テクノロジーのXVLにも対応する予定だ。

 「3Dデータを使ってVR体験するためのシステムやサービスは、高価だったり、準備に手間がかかったりすることが多い。現在開発中のシステムは、安価で手軽に導入できることを特徴としている。VRは使ってみないとその良さが分からないので、その第一歩目として利用してもらえれば」(同社の説明員)という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.