ニュース
» 2017年04月03日 07時00分 UPDATE

車載情報機器:富士通も自動車向けOTAに乗り出す、ワンストップサービスをグローバルで提供

富士通とVMwareは、車載ソフトウェアの無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)の提供で協業する。富士通のOTAリプログラミングソリューションにVMwareのIoTソリューションを組み込み、ワンストップクラウドサービスをグローバルで提供する。

[齊藤由希,MONOist]

 富士通とクラウドインフラを手掛けるVMwareは2017年3月30日、車載ソフトウェアの無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)の提供で協業すると発表した。富士通のOTAリプログラミングソリューションにVMwareのIoTソリューションを組み込み、ワンストップクラウドサービスをグローバルで提供する。

 富士通は、ECU(電子制御ユニット)のソフトウェアを効率的に管理・更新するため、差分更新技術を適用したクラウド連携のOTAリプログラミングソリューションを提供する。また、車両の設計開発から組み立て、アフターサービスまで自動車のライフサイクル全般に対し、携帯電話機やスマートフォンなどの開発で蓄積したセキュリティ技術を適用する。VMwareは車両内の全てのデバイスに対し、必要に応じてOTAを迅速に提供するとしている。

 富士通とVMwareは2006年から協業している。VMwareの2016年度の売上高は70億9000万米ドル(約7870億円)。

OTAリプログラミングソリューションのイメージ OTAリプログラミングソリューションのイメージ(クリックして拡大) 出典:富士通

 OTAによって、ドライバーはディーラーや整備工場に出向くことなくアップデートや故障診断を受けられる。車両のソフトウェアを最新に保ち、ドライバーに新たなサービスを提供することも可能になる。車載ソフトウェアの規模が拡大しているため、故障やリコールの対応を迅速化できることもOTAのメリットとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.