ESEC2017
ニュース
» 2017年04月03日 08時02分 UPDATE

組み込み開発ニュース:商用リアルタイムOSのPOSIX仕様準拠プロファイルを発売

イーソルは、商用リアルタイムOS「eMCOS」のPOSIX仕様準拠プロファイル「eMCOS POSIX」を発売した。OSSを含む、Linuxのソフトウェア資産とエンジニアリソースの活用を容易にし、製品開発期間の短縮や研究開発の促進に貢献する。

[MONOist]

 イーソルは2017年3月14日、商用リアルタイムOS「eMCOS」のPOSIX仕様準拠プロファイル「eMCOS POSIX」を発売した。OSSを含む、Linuxのソフトウェア資産とエンジニアリソースの活用を容易にし、製品開発期間の短縮や研究開発の促進に貢献する。

 eMCOS POSIXは、POSIX 1003.13 PSE 53に準拠し、マルチプロセス/マルチスレッド、ローダブルプロセス、共有ライブラリーをサポート。POSIXのプロセス間通信を、別スケジューリングクラスタとハードウェアクラスタ間の通信に利用できる。また、マルチ・メニーコアの分散メモリ環境でのマルチプロセス環境を提供。分散マイクロカーネルベースのPOSIX仕様リアルタイムOSの堅牢性を確保しながら、パフォーマンスを最適化する。

 マイクロカーネルを全ての各コアに配置する分散型マイクロカーネルアーキテクチャを採用したeMCOS本体は、コア数の違いの他、オンチップフラッシュマイコンやGPU、FPGAなどアーキテクチャが異なるヘテロジニアスなハードウェア構成をサポートする。

 eMCOSは、eMCOS POSIXの他、AUTOSAR仕様準拠プロファイル「eMCOS AUTOSAR」などの各種プロファイルで構成。システムのニーズに合わせてプロファイルを選択し、別のプロセッサで動作するPOSIXアプリケーションとAUTOSARアプリケーションを分散システムとして構築することも可能だ。

 各種ARMコアをはじめ、仏KalrayのMPPA-256、ルネサス エレクトロニクスのRH850シリーズにも対応し、今後さらに他のプロセッサもサポートしていく。

 アプリケーション開発には、イーソルのリアルタイムOSベースシステム開発スイート「eBinder」を利用できる。さらに、モデルベース並列化ツール「eSOL MBP」やコンサルティングサービスを組み合わせ、マルチ・メニーコア環境の車載ソフトウェアの設計・開発を支援していく。

 同年4月11日にザ・プリンス パークタワー東京で開催される「Renesas DevCon Japan 2017」において、eMCOS POSIXをテーマとした講演とデモ展示を行う予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.