ニュース
» 2017年04月03日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:監視/入退室管理情報をIoTと統合できるプラットフォームを開発

日立製作所はグループ会社3社と共に、監視カメラ/入退室管理システムなどのデータやIoTにおけるセンサーデータなどを、一元的に収集/蓄積/分析することができる統合プラットフォームを開発した。

[MONOist]

 日立製作所は2017年3月22日、グループ会社3社と共に、監視カメラ/入退室管理システムなどのデータやIoT(モノのインターネット)におけるセンサーデータなどを一元的に収集/蓄積/分析できる統合プラットフォームを開発したと発表した。

 同プラットフォームでは、監視カメラや入退室管理システムといったフィジカルセキュリティデータを一元的に収集/蓄積し、それらのデータを可視化することができる。また、IoTなどで使用する各種センサーデータの収集/蓄積にも対応しており、フィジカルセキュリティデータと併せて分析することが可能だ。

 これにより、AIや分析ソフトウェアを用いて人や物の動線/動作/状況を分析し、業務改善や経営課題の解決を図ることができる。

 従来、フィジカルセキュリティデータは、個々のシステム内で別々に取り扱われてきた。複数のセキュリティシステムを導入する企業などでは、監視情報が分断されたり、オペレーションコストが重複して発生するなどの問題が生じていた。

photo 統合プラットフォームの概念図

関連キーワード

IoT | 日立製作所 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.