ニュース
» 2017年04月04日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:IoT導入企業を支援するIoT向け概念実証サービスを開始

キヤノンITソリューションズは、企業のIoT導入を支援するIoT向けPoC(概念実証)サービスを開始すると発表した。センサーの選定からデータの収集/蓄積環境/分析、IoTの本格導入までを総合的にサポートする。

[MONOist]

 キヤノンITソリューションズは2017年3月22日、企業のIoT(モノのインターネット)導入を支援するIoT向けPoC(Proof of Concept:概念実証)サービスを開始すると発表した。価格は100万円(税別)からで、2020年までに累計100社の導入を目指す。サービス提供は同年3月下旬を予定している。

 同サービスでは、同社のアジャイル/共創型開発に適した高速開発技術「Web Performer」を用いる。国内外のIoT関連ソリューションパートナーと連携して、センサーやゲートウェイの探索/検証、IoTプラットフォームの選定や導入支援、顧客の課題に適したPoCの計画立案からプロトタイプ開発までを3カ月程度で提供する。

 パートナー企業は、ローム、アットマークテクノ、マイクロテクノロジーの3社で、顧客の課題に適したパートナー企業を選定する。ロームは加速度/磁気などのセンサーを、アットマークテクノはIoTゲートウェイ「Armadillo」を、マイクロテクノロジーはクラウドサービス「CuMoNoSU」を提供する。

photo IoT向けPoCサービスのシステム概要図

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.