ニュース
» 2017年04月07日 13時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:スマートものづくり応援隊が拡大、地方中小製造業のIoT活用を支援

経済産業省は、中小製造業のIoT活用を促進するために2016年度から取り組みを進めている「スマートものづくり応援隊」として、新たに21団体の認定を行った。

[三島一孝,MONOist]

 経済産業省は2017年4月5日、2017年2月20日〜3月17日まで公募していた「スマートものづくり応援隊」を実施する補助事業者の採択結果を発表。2016年度は5団体が認定されていたが、2017年度は21団体に拡大する。

 「スマートものづくり応援隊」とは、中小製造業のIT化の支援を行うとともに、製造現場においてIoTをどう活用すべきかという支援を行う役割を担う。2017年度の採択要項としては、「指導者育成(スクール)事業」と「現場派遣事業」の2つについての補助を行うという。

 指導者育成事業は、製造現場の経験が豊富な企業OBや、IoTやロボットに知見を持つ人材に対し、座学の講座や現場実習を運営する事業である。習得する指導内容には、現場改善に加え、製造現場などへのITやロボット導入支援を含むことを条件としている。現場派遣事業は、指導者育成事業において、育成した人材を実際に中小製造業などに派遣する事業である。

 「スマートものづくり応援隊」は2016年度は、さいたま市産業創造財団(さいたま市)、大阪商工会議所(大阪市)、山形大学(山形市)、北九州商工会議所(福岡県北九州市)、ソフトピアジャパン(岐阜県大垣市)の5拠点とされてきたが、本年度は21拠点に拡大する。採択された21拠点は以下の通りだ。

  • 愛知県幸田町
  • 足利商工会議所
  • 大分県産業創造機構
  • 大阪商工会議所
  • 大阪府産業支援型NPO協議会
  • 北九州産業学術推進機構
  • 群馬県産業支援機構
  • さいたま市産業創造財団
  • 佐賀商工会議所
  • 滋賀県産業支援プラザ
  • 静岡県産業振興財団
  • 諏訪圏ものづくり推進機構
  • ソフトピアジャパン
  • 長岡産業活性化協会NAZE
  • 日本電子回路工業会
  • ひろしま産業振興機構
  • ふくい産業支援センター
  • 三重県産業支援センター
  • 山形大学
  • 横浜企業経営支援財団
  • わかやま産業振興財団

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.