特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年04月11日 13時00分 UPDATE

FAニュース:シーメンスが産業用IoT基盤を展開、製造装置の予防保全などに活用

シーメンスは、クラウドベースの産業用オープンIoT基盤「MindSphere」の展開を開始した。日本でも提供を開始する。

[三島一孝,MONOist]

 シーメンスは2017年4月10日、クラウドベースの産業用オープンIoTオペレーションシステム「MindSphere」の実証試験を終え、2017年4月から日本でも提供を開始した。当面はβ版としてのリリースだが、継続的に開発を進め、機能強化を目指す。

 機械メーカーやプラント建設業では、サービス目的で、全世界の機械や設備をモニタリングしたり、ダウンタイムを減らしたり、最終的には新しいビジネスモデルを提供したりすることも検討している。MindSphereはこれらのデジタルサービス基盤となるクラウドベースのオープンなIoTプラットフォームである。

photo 「MindSphere」の使用イメージ(クリックで拡大)出典:シーメンス

 利用を想定する製造業ユーザーにとっては、各種製造装置や工場などの情報をMindSphere上に吸い上げ、遠隔監視を実現したり、これらの情報を解析して最適な作業へとフィードバックしたりできる。将来的にはユーザーは、MindSphere上で独自のWebサービスなどを開発できるようにし、マザー工場の知見をグローバルの他の工場で展開するというようなことが可能になるとしている。

 技術的なベースとしてはSAPのクラウド「SAP HANA cloud platform」が利用されているが、シーメンスの機器やサービスと組み合わせた産業用途での利用を想定しており、クラウド上でのアプリケーション操作などを可能とする。通信プロトコルのベースはOPCが基軸。データの置き場所については、ユーザーが自由に選択できるようにする他、アプリケーションなどもユーザーが自由に開発できるオープンアプリケーションフレームワークを採用している。

 MindSphereは、シーメンスのデータベースサービスも担っており、例えば、工作機械の予防保全や統合型ドライブシステムなども活用できる。MindSphereに接続するために、シーメンスは産業用ゲートウェイの「MindConnect Nano」を提供する。これは実証試験で得た経験を生かして開発したものだという。さらに、ソフトウェア開発キット(Software Development Kit、SDK)や産業用オートメーションシステムSimaticとの統合なども計画しており、今後市場投入を進めていく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.