ニュース
» 2017年04月13日 09時00分 UPDATE

製造業IoT:LPWA「LoRaWAN」を活用した実証実験を福岡市で実施

日本IBMら7社は、通信技術「LoRaWAN」を活用した実証実験を福岡県福岡市で実施する。2017年度にはLoRaネットワークを市内広域に構築し、誰もが利用できる実証環境を整備する。

[MONOist]

 日本IBMは2017年3月30日、アズビル金門、グリーンハウス、セムテック・ジャパン、東京エレクトロンデバイス、Braveridge、菱電商事と共同で、長距離無線通信を低消費電力で行う通信技術「LoRaWAN」を活用した実証実験を実施すると発表した。実証実験は同年4〜7月にかけて福岡県福岡市で実施され、同市は実証実験フィールドの調整・提供などで連携・協力を予定している。

 IoT(モノのインターネット)を活用した社会インフラの構築に向けたもので、2017年度にはLoRaネットワークを市内広域に構築し、誰もが利用できる実証環境を整備する。これによって社会実装や事業化に向けた実証実験を促進させる。

 実証実験では、IoT向けLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの1つであるLoRaWANネットワークを福岡市西区のBraveridgeを拠点に構築する。都市ガスメーター、LPガスメーター、水道メーターからデータを収集して通信性能を検証し、実用化のための課題点を見つけ出す。

 また、河川などの水位モニター、大気環境のモニタリング、多機能通知ボタンなどを検証することで、街の安全安心を高める実証を行う。「スマートゴミ箱」の多面的活用の実証も行い、LoRaWANを利用したデータの活用方法や適用分野を検討し、LoRaWAN実証プラットフォームの構築を図る。

 各社では、アズビル金門が都市ガスメーター/LPガスメーター/水道メーターを、グリーンハウスがLoRaWANセンサーデバイスを、菱電商事がトータルソリューションを提供する。また、セムテック・ジャパンはLoRa無線の技術支援、東京エレクトロンデバイスはデバイスモジュールの検証、日本アイ・ビー・エムはIoTの基盤となるサービス「Watson IoT Platform」「IBM クラウド」の利用支援、Braveridgeはエンドデバイス製品の開発と製造を行う。

 LoRaWANは、LoRaAllianceを通じて標準化が進められているオープン・ネットワーク規格。低消費電力かつ10km以上の長距離の無線通信が可能で、わずかな消費電力で広範囲に配置されたセンサー機器からデータを収集できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.