特集
» 2017年04月14日 11時00分 UPDATE

CeBIT 2017:日本の製造業が集結した「CeBIT 2017」ジャパン・パビリオン見聞記 (2/3)

[朴尚洙,MONOist]

やる気に満ちた中小企業の展示

 ジャパン・パビリオンには大手企業以外に中小企業も多数出展している。2015年秋から日本国内向けにアシストスーツを販売しているアクティブリンクは、2017年秋の海外販売に向けて開発中の軽量化バージョンを披露した。手に掛かる荷重の一部を背中側に伝えられるようにしたオプションにも対応する。

アクティブリンクのアシストスーツ アクティブリンクのアシストスーツ(クリックで拡大)

 日本ノーベルは、車載情報機器やタブレット端末のユーザーインタフェースを自動テストするシステム「Quality Commander 7」を展示した。従来は人手で行っていたタッチインタフェースを自動で行える。「初代モデルを2005年に投入しており、展示製品は2016年5月に発表した7代目になる」(同社の説明員)。

日本ノーベルの「Quality Commander 7」 日本ノーベルの「Quality Commander 7」(クリックで拡大)
「Kabuku MMS」のクローバル展開をアピールしたカブクの稲田雅彦氏 「Kabuku MMS」のクローバル展開をアピールしたカブクの稲田雅彦氏

 カブクは、3Dプリント工場向け受発注管理システム「Kabuku MMS」の新バージョン(Ver2.0をアピール。新バージョンでは、ユーザーインタフェースの刷新や、データ解析の高速化などを果たした。同社代表取締役 CEOの稲田雅彦氏は「このCeBIT 2017が、Kabuku MMSのグローバル展開の皮切りになる」と新バージョンによる事業拡大への意気込みを語った。

 レクサーリサーチは、同社のシミュレーション技術「GD.findi」を用いた統合生産、施工現場での作業計画の最適化システム、サイバー・フィジカル生産システムのコンセプトを示すデモモデルを展示した。GD.findiは、フラウンフォーファー研究機構の製造業向けクラウド事業にも採用されたという。

レクサーリサーチのコンセプト展示 レクサーリサーチのコンセプト展示(クリックで拡大)

 さて、ホール4の展示紹介に行く前に、ジャパン・パビリオン枠とは別にCeBIT 2017に出展したソラコムの展示から、Preferred Networks(PFN)の共同デモを紹介しよう。

 デモでは、NVIDIAの組み込みAI(人工知能)ボード「Jetson TX1」とPFNのディープラーニングプラットフォーム「DIMo(Deep Intelligence in-Motion)」を使って、カメラの映像から人物を検知し、その年齢/性別を推定。検知/推定結果から年齢/性別ごとに人数だけを集計し、SORACOM Airでクラウドの「SORACOM Harvest」に送信した結果が見られるようになっていた。なお、デモに用いたDIMoの学習済みモデルは、ユーザーに提供しているのと同じものを使用している。

ソラコムとPFNの共同デモ ソラコムとPFNの共同デモ。画面の左側が人物認識を行っている様子で、画面の右側には、「SORACOM Harvest」に送信された年齢/性別といった必要なデータが見える化されている(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.