DMS2017
ニュース
» 2017年04月14日 13時00分 UPDATE

名古屋ものづくりワールド 2017:専門技術者なしで搬送ラインを簡単組み換え、柔軟で賢いコンベヤー

伊東電機は「第2回 名古屋ものづくりワールド」に出展し、搬送ライン設計や設置、変更を専門技術者なしに簡単に行える、柔軟で賢いコンベヤーソリューションを提案した。

[三島一孝,MONOist]

 伊東電機は「第2回 名古屋ものづくりワールド」(2017年4月12〜14日、名古屋ポートメッセ)に出展し、ライン設計・設置・変更がユーザー側で簡単に対応できるMDR式コンベヤーモジュール「id-PAC」を提案した。

 同社は、ローラーコンベヤーに使われるローラーにモーターやギア、動力伝達部などを内蔵し、外部から1つ1つを制御できるようにしたモーターローラー「パワーモーラ」シリーズを展開し、搬送の柔軟性向上や高度な自動化に貢献。自動車や電機などの製造業の工場や、大規模物流企業の倉庫などで導入を拡大している。

※)関連記事:IoT時代のローラーコンベア実現へ、動きを制御し、省人・省エネ・省スペース化

 名古屋ものづくりワールドでは新たに2017年1月に発表したMDR式コンベヤーモジュール「id-PAC」の提案を行った。「id-PAC」はコントローラー機能を内蔵したモジュール型のコンベヤーと、ラインプログラムを自動生成するソフトウェアで構成されている。

 これにより、「id-PAC」のソフトウェアでモジュールの搬送ラインを変更すると、自動でプログラムが生成され、実際にハードウェアのラインモジュールを構築した後、プログラムを流し込んですぐに稼働が行える。

photo 伊東電機の「id-PAC」のソフトウェアの紹介。画面上で搬送ラインを組み替えるだけで、コントロール用のラダープログラムが生成される仕組みだ(クリックで拡大)

 ブース説明員は「多くの製造業の工場や物流倉庫などでは人手不足に悩んでおり、搬送ラインを変更するためにいちいち技術者の派遣などを頼んでいるのが現状である。『id-PAC』を利用すれば、専門の技術者を呼ばなくても、現場の作業員だけで搬送ラインの変更ができるようになる。搬送ラインの迅速な立ち上げや、柔軟な変更が可能となる」と価値について述べている。

photo 「id-PAC」のハードウェアを組み替える様子。ハードウェアの組み換えは人手で行う必要がある(クリックで拡大)

関連キーワード

名古屋 | FA | 工場 | 製造業 | 物流


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.