ニュース
» 2017年04月19日 06時00分 UPDATE

電気自動車:4000万円の「EVスーパーカー」、2019年からグローバルで1000台販売

京都のベンチャー企業であるGLMは電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」のコンセプトモデルを日本国内で初公開した。車両価格は4000万円を想定し、日本や欧州、香港、中東、中国などグローバルで1000台を販売する計画だ。

[齊藤由希,MONOist]
電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」のコンセプトモデル 電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」のコンセプトモデル(クリックして拡大)

 京都のベンチャー企業であるGLMは2017年4月18日、東京都内で会見を開き、電気自動車(EV)のスーパーカー「GLM G4」のコンセプトモデルを日本国内で初公開した。車両価格は4000万円を想定し、日本や欧州、香港、中東、中国などグローバルで1000台を販売する計画だ。

 生産は2019年から開始する。パワートレインや電子制御技術、車体の量産仕様については協力会社と共同で開発を進めている。

ドアの開き方が特徴的(クリックして拡大)

日本の技術を集めたショーケースに

GLMの小間裕康氏 GLMの小間裕康氏

 GLM G4のコンセプトモデルは2016年のパリモーターショーで披露された。駆動用モーターを前後輪に搭載した四輪駆動となる。駆動用モーターは安川電機と共同でGLM G4向けに専用開発するもの。その他の部品についても日本企業と共同開発する。

 GLM G4は最高出力400kW、最大トルク1000Nmを発揮することを目指す。路面の状態に応じて前後輪の回転力を調整し、動力を最大化させるという。時速0-100kmの加速が3.7秒、最高時速250kmでありながら、走行距離はNEDC(New European Driving Cycle:新欧州ドライビングサイクル)で400kmを確保する計画だ。

 GLM 社長の小間裕康氏は「日本の技術を集めたショーケースとなるクルマとしてGLM G4を作りたいと考えている。また、完成車メーカーとなるだけでなく、日本の技術を集めたプラットフォームとして提供することも目指している」と述べた。

 2017年内にGLM G4を実際に走行させ、量産に向けたフィードバックを得られるようにする。デザインや構造は必要に応じて量産に適した形に変更していく。

 GLM G4のデザインコンセプトは「ロードヨット」。前後のドア4枚が跳ね上がる「アビームセイルドア」が特徴的だ。アビーム(abeam)はヨットが風を受けて最もスピードが出せる状態を意味するという。

GLM G4の内装。4人乗りだ(クリックして拡大)
コンセプトモデルのため、量産仕様は今後確定させていく(クリックして拡大)

スペックだけを見れば「モデルS」以下だが……

 なお、高級EVとして既に量産されているTesla(テスラ)「モデルS」は、上級グレードでバッテリー容量が100kWhの「P100D」が、時速0-100kmの加速で2.7秒、走行距離はNEDCで613km。税込み車両価格は1480万円で、最高速度はP100Dよりも低いグレードの「70D」で時速225kmとなっている。単純なスペックではGLM G4が下回っていることを考えると、アビームセイルドアのようなプラスアルファが求められることになりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.