DMS2017
ニュース
» 2017年04月19日 10時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:図研、多層プリント基板用3DプリンタメーカーNano Dimensionと協業

図研は、多層プリント基板の試作納期を改善する取り組みなどのため、イスラエルのNano Dimensionと協業する。3Dプリントによる多層基板の設計から製造まで、シームレスな環境の提供を目指す。

[MONOist]

 図研は2017年4月6日、3Dプリントのユーザーエクスペリエンスの向上、及び多層プリント基板の試作納期を改善する取り組みのため、イスラエルのNano Dimensionと協業すると発表した。3Dプリントによる多層基板の設計から製造まで、シームレスな環境の提供を目指す。

 Nano Dimensionは、3Dプリンテッドエレクトロニクス技術分野のベンチャー企業。多層プリント基板用の3Dプリンタ「DragonFly 2020」や3Dプリンタ用のナノテクノロジーベースの導電性/誘電性インクなどを開発している。今回の提携により同社は、図研のシステムレベル設計ソリューション「CR-8000 Design Force」が備える電子技術の実装プロセスへの適用を目指す。さらに今後は、フレキシブル基板や内蔵部品などへの対応も計画している。

 図研のDesign Forceは、多層プリント基板の材料に対して独自のルール指定を可能にする設計ツールで、3Dプリントの導電材に銀や新材料などが使える。同社はCADデータをインクジェットプリンタ用に最適化するDFMソリューションも提供しており、Nano Dimensionの技術と組み合わせることで、設計スピードの短縮や革新的なアイデアの試作などへの活用が期待できるとしている。

photo Nano Dimensionの多層プリント基板用3Dプリンタ「DragonFly 2020」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.