特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
特集
» 2017年04月20日 11時00分 UPDATE

製造業IoT:IoT理解度は20カ国中最下位、日本企業に横たわる「高すぎる理想」 (3/3)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

IoT普及を阻むセキュリティ問題

 IoT普及を阻む要因としては、コスト関係などのさまざまな要因が上位に上がるが、特に日本でトップとなったのが「セキュリティ上の懸念」である。IoTにおけるセキュリティは常に関心の高い項目ではあるが、50%以上の回答者が挙げた国は、日本とサウジアラビアとオーストラリアのみ。他国では「導入コスト」を最も大きな課題と挙げたところが多かった(図9)。

photo 図9 IoTの導入を阻む要素(クリックで拡大)出典:HPE Aruba

 こうした環境の中でHPE Arubaでは「調査結果を見ると、IoTの導入効果が出ているということは結果として出ているように思う。その中で日本がIoT導入に踏み切れない要因としてはセキュリティの課題がある。こうしたセキュリティの懸念を取り払っていく提案が必要になる」(田中氏)としている。

 さらに「IoTの導入は世界と比べて日本の方が進んでいるというのが体感だ。しかし、調査結果では消極的だという結果が出た。これは、日本企業が求めるIoTのレベル感や理想が高いことに起因するように感じている。日本企業が高度なIoTを創造性を発揮して実現できる環境を支援していくことが役割となる。その意味では安全で使い勝手の良いネットワークインフラを簡単に導入できるようにしていく」と田中氏は今後の取り組みについて述べている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.