ニュース
» 2017年04月20日 06時00分 UPDATE

上海モーターショー 2017:VWとアウディがEVコンセプト初公開、中国は「EVで世界をリードする市場」 (2/2)

[齊藤由希,MONOist]
前のページへ 1|2       

ヘッドランプを目に見立てるのがデザインの流行?

 アウディが今回披露したEVコンセプト「e-tron Sportback concept」は2車種目となる。2015年のフランクフルトモーターショーにSUVタイプのEV「e-tron quattro concept」を出展し、2018年に量産仕様で生産を開始することを発表した。クーペタイプのe-tron Sportback conceptは、2019年に市場投入される。

「e-tron Sportback concept」の外観(クリックして拡大) 出典:アウディ
「e-tron Sportback concept」のデザインスケッチ(左)。運転席のデザイン(右)(クリックして拡大) 出典:アウディ

 e-tron Sportback conceptは、フロントアクスルに1個、リアアクスルに2個の駆動用モーターを搭載した四輪駆動モデル。最高出力は320kWで、時速0-100kmの加速は4.5秒となる。バッテリー容量は95kWhで、走行距離はNEDCで500kmを超えるとしている。

 フォッゲンライター氏は「中国には既に15万カ所の充電ステーションがあり、2017年末までにさらに10万カ所が増設される。こうした急激な成長に対応して、今後5年以内に中国でe-tronモデル(プラグインハイブリッド車と電気自動車)を5車種発売する」とコメントした。

駆動用バッテリーを床下に配置することで重心を下げ、重量配分も最適化している 駆動用バッテリーを床下に配置することで重心を下げ、重量配分も最適化している(クリックして拡大) 出典:アウディ

 e-tron Sportback conceptの外形寸法は全長4900×全幅1980×全高1530mmで乗車定員は4人。VWのMEBと同様に駆動用バッテリーは床下に配置している。これにより車両の重心を下げるとともに、前後アクスルの重量配分を52:48と最適化する。サイドミラーを廃止して、カメラと室内に置いたディスプレイに置き換えたことも特徴となる。サイドミラーをなくすことにより、空気抵抗と風切り音を低減するだけでなく、従来のミラーにあった死角を解消し、斜め前方の視界も改善する。

共通点はヘッドランプでの「アイコンタクト」

ヘッドランプ向けLED制御技術の概要 ヘッドランプ向けLED制御技術の概要(クリックして拡大) 出典:アウディ

 アウディが披露したコンセプトモデルもVWと同様に、周囲とコミュニケーションするために、目のような動きを演出するLEDヘッドランプを採用している。複数のLED素子とマイクロミラー、複雑なLED制御技術を組み合わせて、さまざまな目の動きやサインを表現する。ドアを開けた時にあいさつしたり、走行中の意図を車外に伝えるための表示を行う。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.