ニュース
» 2017年04月21日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:MotoGPレーシングバイクにIoTセンサーを装着し、テストに活用

アクセンチュアは、Ducatiのオートバイレース部門であるDucati Corseと協力し、IoTと人工知能関連技術をMotoGP世界選手権に参戦するレーシングバイクのテストに活用している。

[MONOist]

 アクセンチュアは2017年2月27日、イタリアDucati(ドゥカティ)のオートバイレース部門であるDucati Corseと協力し、MotoGP世界選手権に参戦するDucatiチームの公式デジタルパートナーとして、IoT(モノのインターネット)と人工知能関連技術をレーシングバイクのテストに活用していると発表した。従来のトラックテストに要した時間、コスト、労力の削減が可能になる。

 この取り組みでは、MotoGPレーシングバイクに100個のIoTセンサーを装着。特別な分析エンジンを用いて、レーシングバイクのテストでの作業の効率化とコスト削減、有効性の向上に取り組んでいる。機械学習技術により、システムに取り込まれるデータ量が増えるほど、テスト時の最適なコンフィギュレーションを予測する精度を向上させることができる。また、直感的なデータ可視化ツールにより、微調整しながらコンフィギュレーションやレースタイムに関する新たな知見を得ることが可能だ。

 アクセンチュアが開発したソリューションによりDucatiチームのエンジニアは、IoTセンサーが集めたデータと既存のデータを活用し、さまざまなコンディションでのシミュレーションによってバイクの性能を評価できる。さらに、アナリティクスや機械学習技術を活用し、過去のテストデータからレース結果のシミュレーションを行い、バイクのコンフィギュレーションを最適化できる。

 同ソリューションを利用することで、これまで以上に多くの設定を検証し、実際のトラック上でのテストを最大限活用することができる。その結果、従来トラックテストに要していた時間、コスト、労力を最小限に抑えることができる。

 Ducatiチームは、今後このソリューションをより幅広い領域で展開する計画だ。また、テストにおけるエンジン運転パラメータ、速度、回転数、タイヤ/ブレーキ温度などのデータを集めており、MotoGPレースのプランニング、準備、テスト走行における活用を予定している。

photo ドゥカティ・コルセのレーシングバイク
photo アクセンチュア・アナリティクスが開発したアプリのスクリーンショット

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.